脱毛器ラヴィはVIOライン全てに対応?気になる脱毛効果も徹底調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家庭用脱毛器ラヴィはVIOラインにも使えるのでしょうか。スタイリッシュなデザインで女性に人気がある光式脱毛器ラヴィ。見た目だけでなく性能はどうなのか、気になるところですよね。特に、VIOのように毛が太くて硬い部分に使用できるのか知りたい人も多いはず。そこで、この記事では脱毛器ラヴィはVIOライン全てに使えるのかどうかをリサーチしていきます。さらに、その効果のほどはどうなのかについても調査していきます!

脱毛器ラヴィはVIOにも使える?

家庭用脱毛器の中でもおしゃれな外観で人気が高いラヴィ。そのラヴィはVIOラインに使用できるのでしょうか?結論から言うと、ラヴィはVIOライン全てに使えます!

これはとても珍しいことで、多くの家庭用脱毛器はVラインには使用できるけれどIOラインにはNGだとしています。その理由は、IOは粘膜に近く肌が敏感で肌トラブルが起こりやすいため。こういった肌トラブルを避けるためにも各メーカーともIOラインへの使用は推奨していないのです。

そこで、ラヴィのVIOへの効果をもっと知るために、ラヴィの性能、おすすめポイント、使い方、効果の分析、ラヴィをおすすめしたい人などについて徹底検証していきます。

ラヴィならVIO全ての脱毛が可能

ラヴィは公式サイトでVIOラインに使えると謳っています。この点についてもう少し詳しく掘り下げていきましょう。

数少ないV・I・OラインOKの脱毛器

公式サイトでは、ラヴィを使用できる箇所をイラストで説明した上で「V・I・Oライン」とはっきり記しています。これは家庭用脱毛器の中ではとても稀なケースです。

通常、VIOライン、特にIOラインへの使用は推奨していないというメーカーが多い中で、公式で認めていることがラヴィという商品への安心感に繋がっています。

痛みが少ないIPL脱毛

多くのメーカーがVIOライン使用をNGとしている中、どうしてラヴィはVIOライン使用OKなのでしょうか。それは、ラヴィがIPL(Intense Pulsed Light)という痛みが少ない光式の脱毛を採用しているからです。

IPL脱毛は、光を当てるとムダ毛の黒い色に反応し、その反応が奥へと伝わり毛根を破壊し、自然と毛が抜けていく仕組みになっています。

この光式の脱毛器はVIOにも光を照射するだけなので、カミソリで粘膜部分を剃ったり毛抜きなどで無理にムダ毛を抜いたりするより安全です。さらに、光式と並んで人気のレーザー式の脱毛器は光に比べて痛みが強いので、痛みの面でも光式脱毛器だと安心してVIO脱毛に取り組めるというわけなのです。

ラヴィのおすすめポイント

ラヴィが脱毛器として優れている主なポイントは、以下の2点です。

  • サロン品質の脱毛を自宅で行える
  • アフターケアが万全である

それでは、詳しくチェックしていきましょう。

サロン品質の脱毛ができる

全身脱毛ができるラヴィは、サロン品質の脱毛が自宅でできることが大きな特長です。IPL脱毛の仕組みは多くのエステサロンの脱毛器にも採用されている技術です。

IPLの光は黒い色に反応するだけなので、肌そのものを傷つけることなく、安心して脱毛ができます。

また、IPLは通常フォトフェイシャルなどの美肌やエイジングのために使用されている技術なので、脱毛のために光を当てると美肌やエイジングケアもできてしまうという一石二鳥の脱毛器なんです。VIO脱毛で粘膜付近のデリケートな部分に脱毛を行う時には嬉しいポイントですね!

アフターケアが万全

ラヴィのもう一つの大きな特長は、アフターケアが万全であることです。公式サイトから購入すると、メーカーのダイレクト保証が1年間付いているので安心できます。

また、ラヴィは大事な肌に使うことを考え、日本製にこだわっています。日本人の肌を研究し尽くして作られた日本製の脱毛器のため、さらに安心して使うことができます。

ラヴィでVIO脱毛するときの使い方

ラヴィでVIO脱毛をする方法や注意点などをチェックしておきましょう。

基本ステップ

ラヴィでVIO脱毛する方法の基本は簡単です。

  1. 脱毛したい箇所のムダ毛を事前に剃っておく
  2. 付属のクーリングパックで肌を冷やす
  3. 脱毛箇所に照射口を当て、照射ボタンを押す

粘膜に触れないように注意

公式サイトには、「性器の粘膜部分など、デリケートな部位にはご使用を避けてください」と書いてあります。IOラインに使用できるとは言っても、脱毛する時は粘膜部分には触れないように注意しましょう。

また、VIOラインの毛は太くて硬いため高い照射レベルで使用したいところなのですが、肌の質は粘膜に近くとても繊細なので低いレベルからの照射をおすすめします。最初は一番低いレベルから始めて、肌の様子を見ながら少しずつレベルを上げて使用しましょう。

脱毛器ラヴィの効果を徹底分析

脱毛器ラヴィの効果を分析してみましょう。

おすすめNo.1は?3商品比較

ラヴィの良さを知るために、他社製品と比較をしてみましょう。

公式サイトでラヴィ以外にVIO脱毛ができると言っている製品を探してみると、2PS(ツーピーエス)Leeo(リーオ)などがありました。そこで、ラヴィ、2PS、Leeoの3商品を比較します。

 

ラヴィ

2PS

Leeo

出力(レベル調整)

7段階

5段階

3段階

照射範囲

7.4㎠

6.51㎠

3.6㎠

VIO脱毛が可能な家庭用脱毛器の3メーカーの中では、出力と照射範囲という観点ではラヴィが最も優れていることがわかりますね。

アンダーヘアは太くて硬い毛が多く、脱毛効果が出にくい毛質です。VIOラインの脱毛に効果を発揮するためには、ある程度の出力パワーが必要になってきます。また、照射範囲が狭いと1回の脱毛にかかる時間が長くなってしまい、手間がかかります。この3商品の中ではおすすめNo.1はラヴィと言えます。

VIOだけで満足?全身脱毛でケノンと比較

ラヴィの購入を検討している人の中には、VIO以外の箇所も脱毛をしたい人が多いかもしれません。そこで、全身脱毛できるタイプの脱毛器として人気があるケノンとラヴィの比較もしてみました。

 

ラヴィ

ケノン

出力(レベル調整)

7段階

10段階

照射範囲(最大)

7.4㎠

9.25㎠

最大照射回数

10万発

100万発(レベル1)

30万発(レベル10)

カートリッジの種類

3種類

5種類

ラヴィとケノンを比較してみると、ケノンのほうが性能が高いことがわかります。ただ、ケノンはIOラインの使用は推奨されていないことから、VIO脱毛をメインに考えているのであれば、ラヴィがおすすめです。一方、全身脱毛を考えているのであれば、機能面やコスパ面からケノンが優れていると言えます。

ケノンは本体価格が69,800円でラヴィはオールインワンセットが48,800円で、一見ラヴィのほうがお得な気がしますが、照射範囲の広さや最大照射回数から計算するとコスパ面ではケノンのほうが結果的にお得になります。

また、カートリッジの種類もケノンのほうが豊富です。ラヴィは脱毛・美顔・スリムの3種類ですが、ケノンはプレミアム・ラージ・エクストララージ・ストロング・美顔の5種類もあります。しかもケノンは公式サイトで購入すると、標準でついてくるプレミアムの他にも1〜2種類のカートリジがもらえる特典があるので、全身脱毛をしたい人にはケノンのほうがおすすめでしょう。

こんな人にラヴィはおすすめ

ラヴィはどんな人に向いているのか、改めて確認しておきましょう。

Iライン・Oラインを重点的に脱毛したい

ラヴィが向いている人は、家庭でIOラインを重点的に脱毛をしたいという人です。公式サイトでIOラインの脱毛ができると謳っている脱毛器メーカーは少ないので、ラヴィを選べば安心してIOラインを脱毛することができます。

初期費用を抑えたい

自宅でIOラインを脱毛したい場合、肌をいたわるためにもIPLの光式の脱毛器がおすすめですが、その中でもラヴィは比較的安い値段で購入できます。

IO脱毛をすることだけが目的なので、美顔カートリッジとスリムカートリッジはなしでいいという人には、本体と脱毛カートリッジと付属品だけの基本セットが39,800円という価格で購入できます。初期費用を抑えて、気軽にVIO脱毛を開始したいという人には、ラヴィは本当におすすめできます。

VIOの悩みは脱毛器LAVIE(ラヴィ)で解決!

リサーチの結果、VIOラインの悩みを家庭用脱毛器で解決するには、ラヴィの購入がおすすめです。ラヴィはメーカーがVIOラインへの使用を公認していて、肌に優しく、1年の保証がメーカー保証が付いた日本製なので安心できます。

ただ、全身脱毛を効率よく行いたいという人は、ケノンのほうがおすすめかもしれません。ケノンはラヴィに比べると本体は高額ですが、出力レベルや照射範囲、照射回数などを計算すると最終的にはコスパが高いお得な脱毛器です。ケノンでもV脱毛は可能ですし、IOは自己責任にはなりますが、口コミでは使用している人もいるようです。

どの脱毛器を選ぶにしても、安い買い物ではないので購入前に自分がどんな部位に使用したいのかをじっくり考えて、その希望を叶えられる性能の良い脱毛器を選ぶことをおすすめします。VIOの悩みを解決するならラヴィは良い選択と言えるでしょう!

公式サイトから購入する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*