ケノンはVIO脱毛できないってホント?購入前の「ちょっと待った!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

代表的な家庭用脱毛器、ケノンはVIOには対応していないのでしょうか?公式サイトではVゾーンの使用はOKと書いてありますが、IO脱毛については言及されていません。でも、せっかく脱毛するならVIOをまとめてきれいにしたいですよね。使いかたに十分注意すればIO脱毛も可能なのでは?という疑問を抱いたので、ケノンについて徹底的にリサーチしてみました。このほかにもケノンでVIO脱毛をするときの頻度や注意点、デリケートゾーンに対する意識調査まで。ケノンを買って全身ツルツルにしたい人は必見です!

男子も女子もVIO脱毛が常識の時代!

脱毛がより身近になった今、家庭用の脱毛器がどんどん進化しています。忙しい人でも家で手軽にできますし、販売開始当初に比べて価格が安くなったことから気軽に使いやすくなった背景があります。私も仕事と家事の合間に使っているひとりです。

脱毛器なら恥ずかしい思いをせずにデリケートゾーンの脱毛をすることができます。しかし、ケノンの公式サイトではVゾーンは使用OKでIOラインについてはあまり推奨されていないようです。

せっかくならVIOをまるごときれいにしたいですよね。ケノンは本当にIO脱毛NGなのかを調査しつつ、人に聞けないデリケートゾーンの常識を口コミから探っていきましょう。

ケノンの公式サイトはこちら

ケノンで上手にVIO脱毛する方法

ムダ毛をシェービングして1~2ミリに整えておくのは他の部位と同じですが、VIO脱毛は少しだけコツが必要です。

念入りに冷やす

他の部位に比べると毛根がしっかりしているうえに毛が太く、痛みを感じやすいのがVIOの特徴です。とくにIOラインは皮膚が薄くやわらかいだけでなく、色素沈着によってフラッシュの光が反応しやすいというのもポイント。

痛みを軽減するためにも、いつも以上に念入りに冷やしてから脱毛をおこなう必要があります。

痛みの感じかたは人それぞれ。心配な人は念入りに冷やすのがおすすめです。

照射レベルは1からスタート

VIOは痛みを感じやすいだけでなく、毛の太さがバラバラです。狭い範囲のなかでも反応のしかたにばらつきがあります。やけどなどのトラブルを防ぐためにも、低い照射レベルからスタートしましょう。

様子を見ながら徐々にレベルを上げていくのが、安全かつ効果的に脱毛できる方法といえます。

初回~5回目くらいまでは全脱毛する

ハイジニーナ希望でなくても、5回目くらいまでは全脱毛するのがおすすめです。

Vゾーンは希望する形があったとしても、ヘッドの特性上細かい調整をするのはとても難しいです。

毛が元気なうちからきれいな形をつくるのはかなりのテクニックがいるうえに、まったく光を当てなかった部分だけが盛り上がって最終的に汚い仕上がりになってしまいます。

はじめのうちは全体に照射して、毛が細くやわらかくなってきた頃に微調整するのがおすすめ。きれいなラインを作ることができますし、残した毛もふわふわでやわらかく自然な印象になります。

ケノンでVIO脱毛する時の注意点

ケノンでVIO脱毛するときに、いくつかおさえておきたいポイントがあります。

Vラインはストロングカートリッジを使う

ケノンには、レビュー投稿特典としてもらえるストロングカートリッジというものがあります。これからケノンをGETするなら、このストロングカートリッジのセットのときに購入するのが絶対におすすめです。

他のカートリッジとの違いは、ヒゲやVラインの太い毛に対応して出力が強いこと。Vラインの皮膚はそれほど弱くないので、ストロングカートリッジを使うことで効果的に脱毛することができます。

皮膚が弱いIOラインは念のため通常のカートリッジを使うようにしましょう。

 

痛みに弱い人は弱めの出力からスタートしましょう。ムリをせず、耐えられるレベルでも十分効果はありますよ。

IOラインは下着を穿いて行う

まずは下着をはいたまま、IOラインの脱毛をおこないましょう。女性ならTバックがおすすめです。下着をずらしながら照射することで、粘膜や黒ずみに光があたるのを防いでくれます。

ケノンをはじめとしたフラッシュ脱毛器は黒いものに反応します。狙った部分を確実に脱毛してやけどを防ぐためには、面倒でも下着をはいたまま照射するのがおすすめです。

椅子と鏡は必須アイテム

鏡を見ずに手探りで照射するのはNG!やけどなどの肌トラブルを起こす原因になります。

おすすめの場所は食卓テーブルやデスク。

まず椅子に座り、机に脚を開いて乗せましょう。座っている椅子の前に同じ高さの椅子を用意し、そこにスタンドミラーを置くととても脱毛しやすくなります。

照射漏れややけどを防ぐためにも慣れるまでは慎重に、ゆっくりと時間をとって照射してくださいね。

ケノンでIO脱毛を推奨していないのはナゼ?

ケノンが公式サイトでIO脱毛を推奨しない理由に迫ります。

1人で行うには難しい部位だから

Vラインはともかく、IOラインは自分ではとても見づらく脱毛がしづらいです。

これはフラッシュ脱毛に限らず、ムダ毛のケア全てにいえること。直接見て細かい部分を確認しづらいため、非常に狭い部分のIOラインを1人で行うのは困難です。

ケノンのメーカーは万が一照射に失敗し、肌トラブルが起きてしまうことを危惧しているのでしょう。もともと器用な人か、慣れてからでないと上手に照射するのは難しいとメーカーが判断しているようです。

皮膚がデリケートだから

他の部位に比べると皮膚が薄く、デリケートなので肌にトラブルが起きやすいです。痛みを感じやすく、照射に適したレベルは人それぞれ。元の肌の色や色素沈着、毛量によっても痛みの度合いは変わってきます。

他の部位で平気だったからといって、安易にレベルを上げることはできません。それだけ慎重に行わなければならない部位なのですね。

ケノン以外ではVIO脱毛可能?

他の脱毛器ならVIOのケアをすることができるのでしょうか。

公式サイトでOKとしている脱毛器もある

ラヴィ、ツーピーエス、リーオなどの脱毛器は、公式サイトにVIO脱毛可能ということが記載されています。

家庭用の脱毛器が一概にNGというわけではなく、なかにはVIO脱毛をOKとしているメーカーもあるようですね。

どちらにせよ注意が必要

公式サイトなどでVIOへの使用がOKとされている脱毛器でも、フラッシュの仕組みはケノンと一緒です。そのため、どの脱毛器を使うにしても注意が必要。

おそらくケノンはメーカーの方針で「自己責任」としているのでしょう。簡単にOKとしてしまうのではなく、ユーザーの安全に配慮している点はかえって信頼できますね。

自分でフラッシュ脱毛をする以上は、慎重にVIO脱毛をしなければいけません。安全に照射できさえすれば、ケノンでもIOラインを脱毛することは可能なのではないでしょうか。

【口コミ調査・1】ケノンでVIO脱毛っていつやるの?頻度は?

口コミ調査第1弾!VIO脱毛はいつやってる人が多いのかリサーチしました。

確実に1人になれる時

 

親にバレたくないから、VIOだけは夜中にこっそり自分の部屋でやってるww/23歳女性

子どもがお昼寝している時に、ドキドキしながらやっています。定期的にケアしていれば短時間で終わるので、そこが良いところだと思います/31歳女性

VIOに限った話ではないですが、やっぱり脱毛中は人に見られたくない!というのが共通した本音のようです。うっかり家族が部屋に入ってこないように、万全の状態で落ち着いて照射しましょう。

2~3週間に1度が最多

 

つい面倒になってしまうので、脱毛は毎月1日10日30日と決めてやっています。これじゃサロンと一緒?と思いつつ、でもやっぱりVIOなどは自宅でできるのが魅力ですね/44歳女性

2週間に1度、VIOの日を決めています/30代女性

フラッシュ脱毛は毛周期にあわせて照射することに意味があります。ムダ毛が気になるからといって、頻繁に脱毛するのはまったく意味がありません。かえって肌に余分なダメージを与えてしまいます。

2~3週間に1度照射するのがもっとも効果的で、負担が少なく脱毛することができるようです。忘れないために、日付を決めておくのもよさそうですね。

開始半年ほどで効果を実感

ケノンはVしか出来ないっていうけど、注意してやればIOも可能。ちょっと面倒だけどサロンに行くより絶対いい!半年くらいでVIO制覇した(笑)/21歳女性

2VIOは時間がかかります。痛いのはイヤなのでレベル5でゆっくりやって、3ヶ月くらいで少しずつ薄くなってきました/20代女性

ケノンすげー!髭もアンダーも全然問題なし/20代男性

 

毛の太さや部位によって個人差はありますが、だいたい半年ほどで効果を実感した人が多いようです。効果が出るから使うのが楽しみ!という人が多く見受けられました。

脱毛は根気よく続けていく必要がありますが、少しずつきれいになっていく肌を見るとモチベーションが上がりますよね。

【口コミ調査・2】男女差あり?Vゾーンの形あれこれ

口コミ調査第2弾!人には聞けないVゾーンの形に関するぶっちゃけ話を集めました。

ハイジニーナは日本では広まっていない

 

海外では主流のようですが、日本ではまだまだハイジニーナは広まっていないようです。単純に恥ずかしいという声が多く、温泉に行くときなどに気をつかう人が多いのですね。

ハイジニーナにすればお手入れが楽になりますが、一歩踏み出せない人が多い印象でした。

ハート形はドン引きされる?

 

Vゾーンは好きな形に整えるのがいちばん!ですが、その場のノリで決めてしまうのはあまりおすすめできません。ハート形はたしかに可愛いですが、数年後もそのままということをよく考えてから決めましょう。

一番多いのは逆三角形

男女共に人気が高く、一番多いのは逆三角形だということがわかりました。下着からはみ出ない程度に処理しておけばOK、やりすぎはNG!と考える人が多いようです。

VIO脱毛が主流になったのはここ数年の話なので、まだまだナチュラル派が大多数を占めています。

VIO脱毛は慎重に!正しく使えばケノンでも可能

ケノン=VIO脱毛NGというわけではありませんが、あくまでも正しい使いかたを守るのが大前提。トラブルが起きやすいがゆえに、メーカー側があまり推奨していないことを覚えておきましょう。

しかし、慎重に使うことでケノンでもVIO脱毛は十分に可能です。せっかく買うならVゾーンだけでなく、IOラインもお手入れしたいですもんね。

正しい使いかたやコツを理解して、肌トラブルが起きないようにツルツルのデリケートゾーンをめざしましょう。

人気脱毛器最新ランキングはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*