ケノンでシミが消える理由とは?脱毛だけじゃない美顔器も優秀だった!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケノンでシミを消せるかもしれません!ネット上では、ケノンを美顔器として使用する時にシミがある箇所に照射していたら薄くなってきたという嬉しい声をよく見かけるのですが、本当なんでしょうか?ケノンを使い始めたばかりの私にとって、そして顔のシミで少し悩んでいた私にとって、この情報は嬉しい限り!脱毛器としてだけでなく、ケノンを美顔器として使う機能については勉強不足だったので、この機会にその効果を徹底リサーチしてケノンでシミ消しを試みたいと思います!

ケノンでシミが増えた?消えた?

ケノンが家庭用脱毛器だということは知っていても、美顔器としても使えることを知っている人は少ないかもしれません。さらに、自宅でケノンを使って悩めるシミを改善できるという噂があるのですが、これが本当だとしたらビックリです!この噂の真相を確かめるため、ケノンを絶賛使用中の私がケノンの美顔器機能についてリサーチしていきます!さらに、口コミなどからは、良い噂だけでなくシミが逆に増えてしまったという声もあるようです。ケノンで本当にシミは消える?それとも増える?という疑問も調べていき、ケノンを美顔器としても安心して使えるようにしていきましょう。

ケノンはカートリッジ交換で美顔器に

ケノンを美顔器として使う時は、どのように使えばいいのか、まずは詳しい使い方から見ていきましょう。

ワンタッチ取り付けで美顔用に

脱毛用カートリッジから美顔器専用のスキンケア用カートリッジに交換しましょう。取り替えは簡単に行うことができます。

カートリッジを取り替えると自動的に本体もスキンケアモードに変換され、光美顔エステを体験できるようになります。ケノンのエステは、シミやそばかす、肌のくすみの改善に効果があると言われています。

2週間に1回照射するだけ

メーカーが推奨している使用頻度は、2週間に1回程度です。他の自宅用エステを使ったことがある人は頻度の低さに驚く人もいるかもしれません。家庭用のイオン導入のエステマシーンなどは毎日使用することをおすすめしているものもあるからです。

でも、ケノンは2週間に1回気になる部分に光を当てるだけで、肌の調子が整って美肌になれるという優れたエステ器具なんです。

⇒ケノン公式サイトはこちら

Point!!

ケノンの美顔器は顔だけではなく、ほぼ全身に使用できます。顔以外にもシミができてしまった箇所や、脱毛をした後の腕や脚などの肌ケアにも使えます(脱毛した同日に使用するのは避けましょう)。また、背中や年齢の出やすい首元、ひざの黒ずみなどのケアにも使えます。

ケノン美顔器がシミに効く仕組み

ケノンの美顔器の仕組みはIPL(インテンス・パルス・ライト)と呼ばれる特殊な光を肌に照射し、シミやそばかすなどにダメージを与えて肌の表面へ浮き上がらせると同時に、皮膚の代謝を促すため肌のターンオーバーが活性化し、シミなどを薄くする効果をもたらすというものです。IPLには、コラーゲン生成を助け、肌細胞を活性化する働きもあるため、肌に弾力が出た、ハリが戻ったという声が上がるのはこのためです。

ケノンの美顔器は、美容外科やエステサロンなどで使用されているフォトフェイシャルやフォト美容と同じ仕組みになっているため、サロンなどで受けられる施術と同等の効果を得られると評判です。

⇒ケノン公式サイトはこちら

【口コミ】ケノンはシミに効果あり?

実際にケノンを使ってシミが「消えた」もしくは「濃くなった」という口コミを探してみました。まずは良い口コミから見ていきましょう。ケノンの美顔器はシミ取りに効果的だという口コミを多く見つけました。以下は、その代表的なものです。

シミ取りに効果を発揮した!

脱毛より美顔機能の良さにびっくりしています。ケノンを使ったあとは、肌が全然違うのです。(中略)シワが薄くなった気がするんです。 顔に気になるシミがあったんですが、それが薄くなってほとんど見えなくなりました!! 照射2回でシミが凝縮してかさぶたっぽくなって、数日後、ポロっとシミが取れました!

シミに効果を発揮したメカニズム

こういった口コミは、ケノンの光がメラニンを撃退し、シミが薄くなるという結果が出たケースです。シミだけでなくそばかすなどにも効果があるといわれているのですが、その理由はシミやそばかすはメラニン色素の沈着が原因と言われているからです。

ケノンの美顔器のフラッシュを当てると、シミの奥にあるメラニン色素に反応し、熱が集まってその肌組織を破壊します。破壊ときくとなんだか怖い感じがしますが、破壊された組織は肌のターンオーバー機能によってまた新しい細胞へと生まれ変わります。その時に破壊されたシミとなっていた組織は最後には剥がれ落ち、シミがなくなる(もしくは薄くなる)という仕組みなのです。

【口コミ】ケノンでシミが増えた?

ケノンを使ったらシミが増えたという声もあるので見ていきましょう。

シミが増えた&濃くなった!

ケノンでシミが増えた、またはシミが濃くなったと思えるような口コミには、以下のようなものがありました。ちょっと怖い気もしますが、確認しておきましょう。

気のせいかもしれませんが、ケノンの美顔器を使用後シミが濃くなった気がします。もう少し様子を見てみますが……。

シミが濃くなったのが気になります。(中略)シミはターンオーバーを促して様子をみます。

ケノンがシミを増やす危険性とは

ケノンの脱毛器の光は黒い色に反応するので、シミなど黒い色になっている箇所にダメージを与える性質があります。そのため、ケノンの使い方には、ホクロがある場合や日焼けをして肌が黒くなった場合は光を照射しないようにとの注意が書かれています。

今回の口コミのように、シミが増えたように感じてしまったのは、肌の奥に元々黒いメラニンがあるとケノンの光によってその奥に隠れていたメラニンがターンオーバー中に肌の表面上に浮きあがってくること原因と考えられています。そのため、シミが増えたように見えるということもあるそうです。

ただ、こういった一時的にシミが増えてしまうケースの場合、さらに照射を続けていくとターンオーバーがさらに進んで、奥に溜まっていて浮き出てきたシミ(増えたようにみえるシミ)の組織も破壊され、破壊されたシミが表面上に浮き出てきて次の肌細胞と入れ替わってシミがなくなるという流れになっています。一時シミが増えたように感じるのは好転反応のようなものだと思って、根気強く照射を続けてみましょう。

⇒ケノン公式サイトはこちら

こんなシミはケノンでも効果なし!

ケノンの美顔器はすべてのシミに有効かというとそうでもないようです。効果の期待できるシミ、できないシミを使用前にチェックしておきましょう。

効果が期待できるシミ

シミの原因は紫外線や外的刺激によるメラニンの過剰生成、またはニキビ跡にみられるような炎症による色素沈着などといわれています。ケノンの美顔器を使っても良い、または効果があるとされているシミは、こに一般的な「老人性色素斑」と呼ばれるシミや、色素沈着によるシミです。

効果が期待できないシミ

代表的なものは「肝斑」があります。肝斑は紫外線を浴びたことだけが原因ではなく、女性ホルモンのバランスの崩れや妊娠したことなどがきっかけにできることが原因となります。30〜40代の女性によく見られ、閉経とともに治ることもあります。

また、イボのように皮膚が盛り上がる「脂漏性角化症」やシミのように見えるイボにはケノンの美顔器の効果はないといわれています。これらのシミやイボなどで悩んでいる人は、家庭用美顔器のケノンで処理をするのではなく、クリニックなどに行って相談してみましょう。

⇒ケノン公式サイトはこちら

Point!!

口コミの中には、元々黒くなっている場所へケノンの光を何度も照射するとメラニンに反応し、シミの部分が炎症を起こしたりヤケドの症状となったりした後カサブタになり、最後は剥がれ落ちてシミが取れた、ほくろが取れた、などという声もあります。

でも本来ケノンの美顔器は、肌を痛めつけてかさぶたにしてシミを取る目的で作られていません。そういった無理な使い方は、肌トラブルの元になりますので、万が一かさぶたのようになってしまった場合は病院に行くなどしましょう。

公式サイトなどで紹介されていない使い方をする時はあくまでも自己責任だということを忘れずに。使用時は常に肌の様子に注意を払いながらの使用を心がけましょう。

ケノンの脱毛・美顔器の注意ポイント

ケノンを脱毛器として使う時と美顔器として使う時に注意するポイントはほぼ同じですので、まとめて確認しておきましょう。

日焼け後の肌には使わない

ケノンの光は黒い色に反応します。そのため、日焼けした黒い肌には必要以上に反応してしまい、ただでさえ日焼け後乾燥するなどして繊細になっている肌にトラブルが起こりやすくなってしまいます。

照射前後のクーリングは必ず守る

照射前と後には、必ず清潔な保冷剤などを使って照射する箇所を冷やしましょう。メーカー側からも照射前後、それぞれ、10秒程度はクーリングを行うことが推奨されています。しっかりと冷やすことが肌荒れを予防につながりますので、必ず守りましょう。

一定の間隔をあけて照射する

ケノンの光を照射した後は、すぐに2回目を照射するのではなく、一定の期間を空けてから行いましょう。一度光を照射した肌は敏感になっています。乾燥もしているので何度もくり返し同じ光を同じ箇所に照射して肌トラブルを起こさないように注意しましょう。

照射後の保湿はきちんと行う

クーリングをしっかり行うとともに、保湿も行いましょう。肌荒れを引き起こしにくい低刺激性の乳液やクリーム、化粧水などをたっぷりと塗って保湿しておくことが重要です。こうした細やかなアフターケアがケノンを安全に使う秘訣と言えます。

⇒ケノン公式サイトはこちら

ケノン美顔器を正しく使用してシミ対策も万全!

ケノンの美顔器について調査してみて、サロンのようなスキンケアが自宅で行えることがよくわかりました!これを機会に、脱毛器だけでなく、シミに効果を発揮するスキンケアモードをぜひ試してみてくださいね!この記事を参考にして、しっかりとした使い方を知っておけば肌トラブルに見舞われることなく、安心してケノンを脱毛器だけでなく美顔器としても使うことができます。

そして、自宅で気になるシミ対策もできるんです!もちろん、シミだけでなく肌のキメを整えたり、ハリをもたらしたりしてくれます。ぜひ今日からケノンのスキンケアモードでツルツル肌を手に入れましょう!

⇒ケノンの脱毛効果を詳しく見る

⇒ケノン公式サイトはこちら

⇒【最新】人気脱毛器ランキングはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*