永久脱毛に限りなく近いのはケノンだ!光脱毛の効果を最大限に生かす!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケノンで永久脱毛できるのか、できないのか、気になるところですよね。ケノンのことを調べ始めると、ケノンで「脱毛を完了する」というような宣伝は見かけるのですが、「永久脱毛する」と書かれた情報は見つかりません……。残念ながら、ケノンでは永久脱毛はできないようです。でも、そもそも永久脱毛って何なのでしょうか?また、ケノンでできる光脱毛はどんな脱毛なのでしょうか?私も含め、みんなケノンの効果を感じているようなので、この機会にぜひケノンの脱毛についてリサーチしていきます!

ケノンで永久脱毛は可能?

ケノンは家庭用脱毛器です。自宅で好きな時間にこっそり永久脱毛できたら、美容外科やサロンで脱毛する必要がなくてとても楽ですよね。でも、残念ながらケノンで永久脱毛はできないのです。

永久脱毛ができると言われている医療機関で行われる、レーザーを当てて脱毛をするマシンと違い、ケノンは光を当てるフラッシュ式の脱毛器です。そのため、永久脱毛はできません。

でも、私をはじめケノンを愛用者は嬉しい効果を実感しています!そこで、「永久」とは言えないものの、限りなく「永久」に近い効果が得られる優れた家庭用脱毛器・ケノンの効果や魅力をリサーチしていきます!

ケノンは光脱毛

ケノンは、IPL(インテンス・パルス・ライト)というフラッシュを利用する光式の脱毛器です。その効果について詳しく見ていきましょう。

ムダ毛の再生力を弱める脱毛

光脱毛はIPLの光が黒い色(メラニン)に反応し、このメラニンを通じて毛根を破壊し、毛の再生力を弱らせる脱毛方法です。毛根を弱らせたら自然に毛が抜け落ちるので、無理やり毛を抜くことによって毛穴が広がるようなことがなく、肌トラブルにもなりにくいのが利点です。

光脱毛は永久脱毛ではない

日本の法律では、「永久脱毛」と呼べるのは医療機関での施術のみとなっています。ケノンは家庭用脱毛器なので、そもそも「永久脱毛」という言葉を使うのはNGです。さらに、医療機関でのレーザー脱毛などと比べると効果が出るまで少し時間がかかります

ただ、光脱毛は毛根にダメージを与えることで毛が抜ける仕組みなので、それを何度か繰り返しているうちに新しい毛が生えてこなくなる、もしくは生えにくくなり、永久脱毛に近い効果を得ることができます。

永久脱毛の定義とは

そもそも日本の法律では「永久脱毛」は医療機関でしかできないことになっていますが、その定義について考えてみましょう。

完全に毛がなくなることではない

「永久脱毛」は「永久に毛が生えてこなくなる」という意味ではなく、「脱毛完了から一定期間後に特定の量の毛が減っている状態」のことを指します。
日本ではこの減っていなければならない毛量についてはっきりと定義がされていないこともあり、アメリカの基準を採用することがあります。アメリカでは、「脱毛1ヶ月後で毛の再生率が20%以下」または、「脱毛を3回行った半年後にじ67%以上の毛が減っている」という定義があります。でも、これ、よく考えると「永久に毛が生えない」という印象からは少しずれていますよね。

なお、医療レーザーによる永久脱毛は、毛の元となる毛母細胞に栄養を与える毛乳頭という箇所にダメージを与えて破壊し、毛の成長を絶ちます。そうすると、その毛が生えてこなくなる、という仕組みです。

ケノン光脱毛と医療レーザー脱毛の違い

ケノンの光脱毛と医療用のレーザー脱毛の違いについて確認しておきましょう。

照射パワー

医療機関のレーザー脱毛の機械は、医師が確認をしながら施術が受けられるという前提の元、強いパワーのレーザー治療が可能です。一方、ケノンの光脱毛は家庭で誰でも簡単に使えるという点から、安全面に配慮した照射力となっているため、医療機関のレーザーに比べると少しパワーが弱めです。

照射時の痛み

照射時の痛みについては、レーザーが多少ちくっとする痛みがある一方で、ケノンの光脱毛ではほとんどありません。照射前と後に痛み予防のために保冷剤などでよく冷やしてから照射を行えばまったく痛みを感じなかったという口コミもあるほどです。

料金

一般的に、レーザー脱毛のほうが光脱毛より料金が高いです。同じ医療機関にレーザーと光と両方のマシンがあった場合も、光のほうが安いと言われています。なお、ケノンの光脱毛はとくに、自宅で行えるものなので、医療機関に通って施術を受けることと比べたらかなりお得に脱毛ができてしまいます。

ケノン光脱毛のメリット

ケノンの光脱毛は永久脱毛とは言えないけれど、どんなメリットがあるのでしょうか。

痛みはほとんどなし

レベル10で照射しても痛みを感じないという人も多数です。ただ、照射している時に痛くなくてもしばらく経ってから痛みを感じる場合もあるので、使用前と使用後には必ず保冷剤などで10秒程度クーリングすることを忘れないように。

照射出力レベル10段階

照射出力レベルが自分の肌に合わせて選べるところもケノンの魅力のひとつです。テスト照射で問題がなく、本番照射を始める時はなるべく低いレベルから始めて徐々に慣らしていきましょう。

肌が弱い人は、レベル3程度から開始するほうが良いみたいですが、自分では肌が弱いと思っていたという人でもレベル10で使っても問題なかったという人もいます。自分で肌の様子を見ながらレベルを調節していけるところがいいですよね。

肌への負担やトラブルが少ない

ケノンで採用しているIPLはレーザーに比べて肌への負担や肌トラブルが少ないことで有名です。マイルドな光で脱毛するので、痛みを感じることが少ないと同時に、肌への負担も少ないのです。これもケノンの大きな特長ですね。

美肌効果も期待

IPLの光はスキンケアにも使えます。ケノンは、同じIPLの光で美顔器としても使用することができます。光そのものが肌にも良いものなので、脱毛器として使用した後に、毛が抜けて毛穴が小さくなったり、肌のキメが整ったりすることもあり、脱毛しながら美肌効果も期待できる脱毛器なのです。

Point!!

ケノンは脱毛器としてだけでなく、美顔器としても使えます。使い方はとても簡単で、脱毛用のカートリッジをスキンケア用のカートリッジに取り替えるだけです。取り替えもワンタッチで行え、取り替えた後は自動的に本体がスキンケアモードに変更になります。

期待できる永久脱毛に近い効果(口コミ情報)

ケノンは「永久脱毛」ではないとはいっても、永久脱毛に近い効果を得られると好評です。口コミで見かけた永久脱毛に近い効果について見ていきましょう。

2ヶ月〜3ヶ月で自己処理が楽

永久脱毛に近い効果が得られた口コミの中にはこんな声があります。

2〜3ヶ月後からあまりムダ毛が生えてこなくなった

5〜6回の脱毛を終えた後、毛が薄くなった気がする

何度か脱毛を繰り返しているうちに、産毛のような毛しか生えてこなくなり、自己処理が楽になった

医療機関での永久脱毛でも同じような状態になって最終的にはムダ毛はほとんど生えてこなくなくなるので、ケノンも根気強く続けていれば永久脱毛に近い効果が得られることがわかりますね。

継続使用でツルツルの肌に

毛量以外には、こんな声もあります。

続けて使っていたら肌にツヤがでてきた

脱毛効果を期待して使っていたら、毛穴が引き締まってブツブツしていた肌がツルツルになった

これも、ケノンの嬉しい効果の一つです。美肌効果が出ている証拠ですね。

永久脱毛に近い効果を出すには

ケノンで永久脱毛に近い効果を出すには、特別な使い方は必要なのでしょうか。

毛周期を上手に利用

ケノンでムダ毛を生えにくくすることはできます。そのためには、人の体に備わっている毛周期をうまく利用して脱毛を行いましょう。人間の毛は、成長期、退行期、休止期に分けられますが、常に同じ毛がずっと表面に出ているわけではなく、一定のサイクルで生まれ変わっています。その毛周期のサイクルを利用して2週間に1回脱毛を行うと、効率よく永久脱毛に近い効果が得られるのです。

使い続けて脱毛ケア

口コミにもあったように、脱毛の効果や毛が薄くなってきたと実感できるのは開始してから2〜3ヶ月後です。残念ながら、1、2回では効果は感じられないので、根気強く継続することが鍵となってきます。初回からいきなり効果を期待するのではなく、効果が出るのを気長に待つくらいののんびりとした気持ちで楽しく脱毛に取り組みましょう。

紫外線には注意

ケノンは黒い色に反応して脱毛を行います。もし、脱毛を行いたい箇所が日焼けをして黒い肌になっていた場合は、照射の力がムダ毛の黒い色だけでなく、肌の黒い色にも反応してしまい、力が分散して効果が薄れる可能性もあります。脱毛をしようと思っている人は、脱毛前に日焼けをするのは避けましょう。

Point!!

毛周期とは、毛が成長期⇒退行期⇒休止期という時期を繰り返して生え変わることです。髪の毛以外のムダ毛については、体の表面に出ている毛は成長期の毛がほとんどで、数ヶ月すると退行期に移行して、休止期と呼ばれる次の毛が生える準備期間に入ります。表面に見えている成長期の毛は体内のムダ毛のおよそ2〜3割と言われていて、ケノンはこの成長期の毛に使用します。成長期の毛以外にも眠っている毛が次に生えてくるのを待って脱毛する必要があるため、時間がかかるのです。

光脱毛でもケノンなら後悔しない

永久脱毛はできないのか……と残念に思った人も多いかもしれませんが、医療期間で受ける永久脱毛も毛周期のことを考えて通わなければならないので、そのぶん、お金も時間もかかってしまいます。一方、ケノンの脱毛器は家庭用の光脱毛ということで医療機関の永久脱毛ほどパワフルではないかもしれませんが、肌に負担をかけずに脱毛を行え、自分の好きな時に好きな場所で行えます。

どんな脱毛方法を選んだとしても、毛周期があるためどうしても回数を重ねる必要があるので、それなら自宅で気軽にできるケノンを選ぶのもアリですよね。ケノンなら、家庭用脱毛器なのに、サロン並みの効果が得られるので、安心して家でも使えます!後悔しない脱毛をするためにも、ケノンを使うという選択、間違っていないと思いますよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*