ケノンは髭や剛毛に効果なし?確認しないと大損な辛口評価の真相とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケノンといえば家庭用脱毛器の中でもNo.1の人気を誇る脱毛器ですが、髭や剛毛には効果なし?という口コミも見られるようです。そんな辛口評価を分析してみると、共通点が見えてきました。ケノンの光脱毛に期待できる効果や、効果的に使うコツがきちんと分かれば、その真相がわかります。結果が出ていない人にありがちな、やってはいけないNG点もチェックしてみましょう。これさえ読めば、男性の髭や剛毛でもしっかり脱毛効果が得られるのか、ケノンの本当の実力がわかります!

ケノン効果なしの口コミがある理由は?

数ある家庭用脱毛器の中でも人気のケノンですが、口コミを見てみると「効果なし」と評価している人もいるようです。

人によってムダ毛の状態は違うので、体感に個人差が出るのは確かです。ただ口コミを詳しく調べてみると、使い方が正しくない人や、そもそも脱毛器というものを勘違いしている人が、あまりにも多いことに驚きました。

せっかくサロン並みのケアができる脱毛器を手に入れているのに、その機能が発揮されていないのは、とても残念ですよね。

そこで編集部では、悪い口コミを検証して気になる真相を調査してみました。

ケノンを使う際のポイントや、やってはいけないNG点もチェックして、本当に効果の出るムダ毛ケアをしましょう!

ケノンは効果なしと言う口コミ

まずは実際にケノンを使って、「効果なし」と評価した人の口コミをチェックしてみましょう。効果が得られなかった人には、いくつか共通点があるようですよ。

即効性がない!

「髭脱毛を開始して2カ月経つけど減った程度だから脱毛とは言えないんじゃ?」口コミをチェックしていて目立ったのが、即効性がない!ということでした。

使ってすぐに効果を実感できないと、不安になるのも分かる気がしますが、あまりに使用期間が短いと、どれだけよい脱毛器でも結果が出るは難しいでしょう。

毛周期などを考えると、最低でも3か月~半年は定期的に使う必要がありそうです。

毛が抜けない!

ケノンを使い続けていくと、ムダ毛が自然に抜けやすくなるという人が多いようですが、この効果もパーツや状態によって個人差が出るようです。

しつこいムダ毛の場合、使い始めて数か月はスルッと抜けないという人も多いようです。毛周期の関係で、まだまだ照射されていない毛があるので仕方ないのかもしれません。

ただしっかり結果がでているパーツもあるようなので、全く脱毛効果がないというわけではありません。

すぐに結果が出ないと諦めずに、もう少し長いスパンで使い続けた方がよさそうです。

永久脱毛ができない!

「1カ月くらいで剛毛が弱々しくなったけど、永久脱毛とは程遠いぞ?」

「ヒゲ用のストロングカートリッジを使ってみたけど、自分の場合ヒゲには効果ありませんでした。毛が濃い人だと医療用のレーザー脱毛じゃないとダメかも。」

口コミの中には、ケノンで永久脱毛の効果を期待していた人が複数見つかりました。永久脱毛はもともと医療行為なので、サロンでも家庭用脱毛器でもできません。

そのことを分かっていない人が多いので、毛がまた生えてきたりすると「永久脱毛じゃない!」という不満につながってしまうようです。

そんな誤解が生まれないためにも、購入する前にケノンの光脱毛で期待できる効果をちゃんと知っておく必要があります。

⇒ケノンの脱毛効果を詳しく見る

ケノンの悪い口コミを分析!

ケノンに関する辛口評価を分析してみると、みんな使用期間が短いという点と、全く効果がなかったわけではないという点が共通しているようです。

悪い口コミから、ケノンで脱毛効果を実感できなかった原因が見えてきました。

抑毛効果だけは認めてる…その意味

ケノンの悪い口コミを見ても、全く脱毛効果が見られなかったという人は少ないようです。部分的に毛が薄くなったり、生えにくくなったりしている人がほとんどです。

辛口評価を書く人たちすら抑毛効果を認めているということは、ケノンに効果がないというわけではない証拠です。

ケノンが採用している光脱毛の仕組みは、毛周期でいう成長期のムダ毛に働きかけるというメカニズムなので、それ以外のムダ毛には影響を与えることはできません。

毛周期はそれぞれのパーツやムダ毛によって異なるので、間隔をあけて照射する必要があるのです。そのため、光脱毛は使用を重ねるごとに効果が高まっていきます。

ケノンを使い続けていくうちに、脱毛効果を実感する人が増えているのも納得ですね。

一回目からの即効性は期待しない

ケノンの低評価の口コミを見てみると、中には使ってたった1~2回で「効果なし」と判断してしまっている人が意外といるようです。

電動毛抜きタイプの家電であれば、毛を引き抜いた直後からツルスベ感を実感できるので、即効性がある!と思えるかもしれません。

ただ毛を抜くとまた新たなムダ毛が確実に生えてくるので、本当の意味でつるんとした肌になれたわけではないのです。

先ほども触れましたが、光脱毛のメカニズムから、ケノンは使ってすぐに変化が見られるという種類の脱毛器ではありません。

何度か照射を重ねていくうちに、ムダ毛を細く生えにくくしていく機器なので、効果も徐々に現れてくるのです。

最初の数回で脱毛を諦めてしまっては、あまりにもったいないので、長い目で見て継続してほしいですね。

特に男性の髭は長期戦

ケノンで効果が出なかったという口コミには、男性が髭の脱毛に使用した場合も多いようです。

男性の髭は毛の密度も高く、頑固なタイプのムダ毛なので、最も脱毛に時間がかかるパーツの一つです。

脱毛サロンや医療クリニックでさえ、数回の施術では髭剃りの回数が減る程度しか効果がなく、ツルツルの状態になるためには数年通う必要があるくらいです。

ケノンでもサロン級の光脱毛ができますが、男性の髭のような剛毛の場合、他のパーツよりもさらに長い期間使い続ける必要があります。

男性の髭はそれくらい脱毛が難しいパーツなので、髭のために購入を考えている人なら、長期戦になることを理解して、根気強く使い続けることが大切です。

⇒ケノン公式サイトはこちら

Point!!

家庭用脱毛器では永久脱毛できませんが、それは脱毛サロンでも同じです。強いパワーの光や電流を使って永久脱毛できるのは、安全のため医療クリニックのみと法律で定められているからです。

それでは永久脱毛すればムダ毛とは一生サヨナラできるのかというと、実はそうとも言えません。そもそも日本では、永久脱毛についてしっかりとした定義がないのです。

アメリカの公的機関では、「3回施術して6か月後、毛が67%減毛している状態」を永久脱毛と認定しています。

ムダ毛の量は確実に減るかもしれませんが、永久脱毛したとしてもやはり全く毛が生えてこない状態にはできないということですね。

 

勘違いしてない?ケノンの本当の効果

ケノンの悪い口コミの多くが、ちょっとした誤解から生まれていたということが分かりましたが、実際にはどのような効果が期待できるのでしょう?

ここでケノンの光脱毛の仕組みや、効果が出るまでの期間を知っておきましょう。

光脱毛のメカニズムを理解しよう

ケノンが採用しているフラッシュ脱毛は、黒色に反応する光を照射することで、新しい毛が育つ毛根部分に働きかけて、新しい毛を生えにくくしていくというものです。

「脱毛器を使ったのに毛が抜けない」という口コミをよく見かけますが、脱毛=毛が抜けるというのは厳密には間違いです。

電動毛抜きタイプの脱毛器や光脱毛器を使う過程の中で、毛が細くなり引っ張ると抜けやすくなるという口コミを勘違いしている可能性が高いでしょう。

ケノンを使い続けることで、ムダ毛は徐々に細く弱々しいものになっていきます。最終的にほぼツルツルの状態になり、新しい毛が生えても前のように気になるほどのものではなくなってくるのです。

ケノンで効果を実感するまでの期間

ケノンをどのくらいの期間使えば、脱毛効果を実感できるのでしょう?

編集部で愛用者の声を調査してみたところ、腕のような細い毛であれば、だいたい3か月くらい使い続けると毛が細くなり目立たなくなってくるようです。

ワキや膝下、Vゾーンなどの太い毛については、もう少し時間がかかり、10回以上(約半年)照射した頃にはムダ毛が気にならなくなるようです。

ただ男性の髭に関しては、スベスベの状態になるまで1年以上はかかりそうです。とはいえ、数回使い続けると髭が生えるスピードが遅くなったり、毛が柔らかくなってきたりするようです。

どのパーツであれ、効果が現れないからと使用をやめてしまわずに、続けることが大切です。

⇒ケノン公式サイトはこちら

ケノンを効果的に使うポイント

せっかくケノンを使うなら、効果が発揮できる使い方をマスターしておきたいですね。ケノンを使う時におさえておきたいポイントをチェックしてみましょう。

剃って数日後がベストタイミング

ケノンのフラッシュ脱毛は、体から生えている毛の黒色に反応することで効果を発揮できます。シェーバーやカミソリでツルツルに剃り上げてた状態で照射しても、効果がないということになります。

ケノンを効果的に使うためには、毛穴から1~2mm毛が出ている状態で照射することが大切です。

体のパーツや毛の生える速度により多少異なりますが、毛を剃って数日後がケノンを使うベストタイミングです。毛が生えるのが早い箇所なら、前日に剃ってもOKです。

カートリッジを正しく選択

ケノンには、使用するパーツによって最適なカートリッジがいくつか用意されています。パーツに合わせたカートリッジをキチンと使うことで、ケノンの実力を十分引き出すことができます。

標準で付いているプレミアムカートリッジは、全身に使えるオールマイティなタイプです。

髭やVラインなど太い毛であれば、さらに出力パワーが高くなるストロングカートリッジがおすすめです。

照射する部位によってカートリッジを使い分けることも、脱毛効果を高めるためのポイントです。

毛周期に合わせて脱毛プランを立てる

ムダ毛はそれぞれ休止期・成長期・退行期の3つのサイクルで、生まれ変わりを繰り返しています。このうちフラッシュ脱毛が作用できるのは、成長期のムダ毛といわれています。

効果的にムダ毛を減らしていくなら、毛周期を考えて一定の間隔をあけながら、定期的に照射することが大切です。

個人差はありますが、一般的に毛周期のサイクルは、ワキで約4か月、手脚で約3か月~半年、Vラインで約1~2年、髭で約2ヶ月と言われています。

このサイクルを考えながら定期的にケノンを使用すれば、効果的に脱毛することができます。

ケノンは通常2週間に1回の頻度で使うことが推奨されていますが、サイクルの早い髭であれば1週間に1回など、少し短めに設定してもよいかもしれません。

肌の状態を見ながら、脱毛する箇所によって使用頻度を調整するといいでしょう。

⇒ケノン公式サイトはこちら

効果を早く求めるためやりがちなNG集

ケノンの悪い口コミの中には、早くツルツルになりたい!という思いからやってはいけないNG行為をしている人も……。失敗しないためにも、ここでやりがちなNG行為をチェックしておきましょう。

いきなりMAXレベルで照射

ケノンは他の脱毛方法に比べると、比較的痛みが少ない脱毛器です。とはいえ、初めて使用する時に、いきなりMAXの出力で照射してしまうのは危険なので絶対にやめましょう。

痛みが少ないとはいえ、MAXで照射すると輪ゴムをはじいたような痛みを感じる人が多いようです。痛くて続けることができなかった……なんてことになりかねません。

ケノンの出力は1~10まで調整できますが、最初は肌の様子を見てレベル1からスタートしてみましょう。

クーリングも保湿もムシ

脱毛を早く済ませたいからと、照射前に保冷剤で肌を冷やすことを省いたり、照射後も何も塗らずに放置したりすると、肌トラブルを起こす原因になります。

肌トラブルを起こしてしまうと、ある程度落ち着くまでケノンを使えませんし、次に照射するタイミングも逃してしまうかもしれません。

面倒でも照射する前後にはクーリングを忘れず、脱毛後は必ず化粧水やクリームで、いつも以上に肌を保湿するよう心がけましょう。

使う頻度を増やす

公式サイトではケノンを安全に使うために、2週間に1回の使用を推奨していますが、口コミなどを見ていると、自己責任ということを前提に1週間に1回使用している人もいます。

早く結果を出したい!という思いから、それよりもさらに短い、数日に1回というさらにハイペースな間隔でケノンを使っている人もいるようです。

ただ使用間隔をあまり短くしてしまうと、火傷や炎症などを起こす可能性もあります。しかも毛穴から毛が見えていないと反応しない光なので、何度も当てても意味がないのです。

肌を痛めるというデメリットしかないので、あまりに短い間隔で使うのはやめましょう。

正しく使えばケノンは効果絶大♪

ケノンは脱毛器の中でも一番売れている人気商品なので、賛否両論あるのも当然なのですが、悪い口コミを分析してみると、決してケノンが効果なしというわけではないことがわかりました。

毛周期に合わせて計画を立てて、継続して脱毛していけば、確実にムダ毛は細く生えにくくなっていきます。

正しい使い方をマスターして一定の期間使い続けることが、ツルスベ肌へ近づく早道です。ケノンの効果を最大限に引き出して、自慢できるお肌を手に入れてください!

⇒ケノンの脱毛効果と驚異のコスパとは?

⇒ケノン公式サイトはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*