ケノンのIライン脱毛は効果なし?公式にOKしていない理由とは…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケノンはIライン脱毛に効果があるの?公式サイトを見てみると、アンダーヘアというくくりでVゾーンの脱毛はOKと書いてあります。しかし、肝心のIOラインについては触れられていないため、使っていいのか悩んでしまいますよね。安全に使えるのか、本当に効果があるのかが気になるところです。しかし口コミをチェックしてみると、ケノンでIO脱毛をしている人もいる様子。デリケートゾーンを脱毛するうえで気をつけるべきことや、効果的なやり方を調査しました。

ケノンのIライン脱毛の効果は?

ケノンでデリケートゾーンを脱毛するなら、Iラインもツルツルにしたい!そう思う人は多いのではないでしょうか。しかし、公式サイトにはIOラインに関する説明がなく、使っていいのか悩んでしまいますよね。

ケノンはVラインと同様、正しく安全に使えばIOラインの脱毛にも効果が期待できます。ただし公式サイトが推奨していない以上は、あくまでも自己責任であることを覚えておきましょう。

公式サイトがNGとしている理由を理解して、デリケートゾーン脱毛にかんする正しい知識をつけることが大切です。

ケノンがIOライン不可としている理由

ケノンと同じ性能をもつフラッシュ脱毛器のなかでも、IOラインの脱毛をOKとしているメーカーがあります。それなのになぜ、ケノンは公式サイトでIO脱毛がNGと書かれているのか、私もずっと疑問でした。

体の中で一番デリケートな部分だから

デリケートゾーンのなかでも、IOラインはとくに皮膚が薄くて弱いことが特徴です。照射レベルの設定や光の当てかたが難しく、慣れるまでは1人でやりづらいと感じる人が大半。

狭く見づらい部位なので、照射ミスや肌トラブルがおきやすいことも事実です。

このようにケノンをつかったIO脱毛にはリスクが伴うため、メーカーがユーザーのことを考えた結果NGとしていることが考えられます。

臨床試験が済んでいないため

メーカー側で臨床試験が行われておらず、IO脱毛に対する安全性が確立されていないことも理由として考えられます。

今やケノンは脱毛器のなかでも売り上げが高く、人気のメーカー。たくさんの人に支持される理由のひとつとして、こうした誠実さや信頼性の高さがあるのかもしれませんね。

Point!!

Iラインを脱毛すれば下着や水着からムダ毛がはみ出る心配がなくなりますし、なによりムレなくなるので清潔にすごすことができます。また、生理のときに経血が付着する不快感がなくなり、臭いの心配もぐっと減るのがうれしいポイント。女性にとってはIライン脱毛のメリットがたくさんあることがわかりますね。

【ケノン版】Iライン脱毛の効果的なやり方

ケノンをつかったIライン脱毛のやり方を説明します。

前日に剃毛しておく

毛足が長い部分はしっかりとカットしてから、脱毛したい部分を前日までにシェービングしておきましょう。すると翌日には1mm程度の毛が生え、効果的に脱毛することができます。

毛抜きを使うとフラッシュの光が反応しなくなってしまうので、かならずシェーバーを使ってください。

また、当日や照射直前のシェービングはNGです。剃りすぎると光に反応しづらくなりますし、シェービング直後の肌はとっても敏感になっています。

しっかりと脱毛効果を得ることはもちろん、肌を保護するためにもシェービングは前日に済ませておきましょう。

保冷剤をたっぷり用意してクーリング

Iラインはもともと皮膚が薄いので痛みを感じやすく、念入りに冷やしてから脱毛をおこなう必要があります。また色素沈着がある人が多いので、フラッシュの光が反応しすぎてしまうことも。

やりすぎかな?というくらい、皮膚の感覚が鈍るまで冷やすのがコツです。痛みをおさえる工夫をすればムリなく照射レベルを上げることもでき、効率のいい脱毛にもつながります。

ただし我慢は禁物。痛みの感じかたには個人差があるので、無理のないレベルで照射してくださいね。

2~3週間に1度のケアを続ける

いつでもできるのが家庭用の脱毛器の魅力ですが、効果を得るためには定期的に脱毛しなければいけません。思いついたときや、気が向いたらやればいいや……というのはNGですよ!

2~3週間に1度を目安にし、定期的なケアを行うようにしてください。

はじめは効果が分かりづらいので心が折れそうになるかもしれませんが、しっかりとスケジュールを管理しましょう。スマホアプリを使うのもおすすめです。

Iラインの黒ずみにはどう対処する?

Iラインには色素沈着がある人がほとんどです。フラッシュ脱毛は黒いものに反応するという性質があるため、きちんと対策をとらないとやけどなどの肌トラブルの原因にも。

黒ずみや粘膜の部分に光が当たらないよう、照射のときにひと工夫してみましょう。

ショーツ着用で脱毛する

エステサロンなどでも使われている紙ショーツを履いて脱毛すること、で肌トラブルを防ぐことができます。使い捨てのものなので清潔ですし、ショーツをずらしながら照射すれば狙った部分を脱毛しやすくなります。

デリケートゾーンのなかでもIラインは見づらいので、慣れていないのにいきなり照射するのは危険です。ショーツを着用することで初めてでもIライン脱毛がしやすくなります。

とくに、Tバックになっているタイプのものはずらしやすいのでおすすめです。なおショーツは通販サイトで買うことができますよ。

粘膜部分をティッシュペーパーで覆う

ショーツを用意するのが面倒!という人は、ティッシュペーパーを使って粘膜や黒ずみの部分をカバーすることをおすすめします。

ティッシュを小さく折りたたみ、光を当てない部分を隠すようにして照射してください。いちどに広範囲を行おうとせず、すこしずつ慎重に光をあてていくのがポイントです。

1回使うごとに捨て、できるだけ清潔さを保ちながら脱毛するようにしましょう。

また、鏡を見ながら照射するのもおすすめ。大きめの折り畳みミラーなどを置き、しっかり見ながら脱毛するとやりやすくなります。落ち着いて照射できる、明るい部屋でおこなってください。

ケノンのVIO脱毛はすぐには抜けない

そもそも脱毛はすぐに効果が実感できるものではありません。これはケノンに限ったことではなく、脱毛サロンでも同じです。ツルツルの肌を目指すなら、脱毛に関する基礎的な知識も身につけておきましょう。

硬く太い毛は時間がかかる

毛の太さや硬さは部位によって大きく異なりますし、同じ部位でもよく見ると太さに差があります。

また毛根の強さなども1本1本違うため、同じ照射レベルで光を当てたとしても脱毛効果には差が出て当然。1本も残らず、いきなりツルツルになるということはあり得ません。

部位ごとに適切な照射レベルを見極めることも、効率よく脱毛するコツです。太い毛と細い毛で同じレベルで当てても、効果がでる時期に差がでてしまいます。

とはいえ、焦って照射レベルを上げると肌トラブルの原因になってしまいます。また「毛周期」がある関係で、頻繁に脱毛してもまったく効果は得られないことを理解しておきましょう。

VIOの毛周期は1~2年

そもそも、すべての毛には毛周期が存在します。つねに「成長⇒退行⇒休止」を繰り返しており、その周期は部位によって違うのが特徴です。個人差はありますが、VIOの場合は1~2年ほどだといわれています。

フラッシュの光をあてて効果があるのは成長の段階にある毛だけです。成長期の毛はもっともメラニンが豊富で黒く、光に反応しやすいことが特徴です。毛根まで光をあてるためにも、成長期をしっかりと見極めなければいけません。

毛周期の特性をうまく利用しておこなうのが脱毛の基本です。そのため、ツルツルを実感するまでにはそれなりの年月がかかります。

照射のレベルとタイミングを適切に見極めることが、脱毛で効果を実感するための重要なポイントです。

効果を上げたくてもやってはいけないケア

脱毛には時間がかかりますが、焦りは禁物!ケノンを使っているときにやってはいけないことがあります。

除毛クリームや脱毛ワックスの使用

ケノンを使っているときの肌はとてもデリケートで、負担がかかった状態。肌に刺激をあたえる除毛クリームや脱毛ワックスなど、ほかの脱毛アイテムを使ってはいけません。

同じ理由で、頻繁なシェービングもNG。つねに肌の状態を気にかけ、異変がないかどうかチェックしてくださいね。

また、照射後はとくに肌が乾燥しやすい状態になっています。保湿ケアをすることで肌が潤い、正常な毛周期を保つことができるますよ。

毛抜きでの自己処理

毛を抜いてしまうとフラッシュの光が反応しなくなってしまいます。次に生えてくるまでムダ毛ケアができない状態になるので、仕上がりもばらばらで汚く見えてしまうことも。

このほかにも、皮膚のなかに毛が埋まってしまうリスクがあります。これを埋没毛といい、いちどできてしまうと肌のターンオーバーを待つ以外に対処法がありません。

また、ケノンの場合は1mmほど毛が伸びた状態がいちばん効果があります。事前の処理はかならずシェーバーを使うようにしましょう。毛抜きの使用は厳禁です。

Iライン脱毛のやり方を守ってケノン効果を実感しよう

数ある脱毛器のなかでも、ケノンはオールマイティな機能性が魅力の商品です。

人気が高いですし、常にユーザーのことを第一に考えたメーカーでもあります。そのため、臨床試験が済んでいないIライン脱毛にかんしては推奨していないのですね。

しかし、ケノンも他のフラッシュ脱毛器と機能は同じ。正しく安全に使うよう注意を払いながら、Iライン脱毛の効果を実感できればうれしいですよね。

慣れるまでは慎重におこなうことが大切。肌トラブルに気をつけながら、焦らずに脱毛を試してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*