ケノン美顔器の使い方特集!レベル10でハイスピードケアすることはできる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケノンの美顔器の使い方はとっても簡単!光を照射するだけでシミやシワ、ほうれい線が薄くなったと評判です。私は、ケノンの美顔器を使い始めてから化粧乗りがよくなって毎日鏡を見るのが楽しみになりました!でも、実は美顔器としてケノンを使い始めたのは実は最近。脱毛はしていましたが、美顔器としての使い方がよくわからなくて……。でも、いざ調べてみたらとても簡単だとわかったんです。そこで、私と同じように美顔器の使い方に悩んでいる人がいるのではないかと思い、この記事ではケノンの美顔器としての使い方にフューチャーしていくことにしました。

ケノンの美顔器の使い方は実は簡単!

公式サイトより

ケノンを美顔器として使いたいけれど、イマイチ使い方がわからなくて困っているあなた。実は、使い方はとっても簡単なんです。でも、いざ使おうとすると少し躊躇してしまいますよね。

そんな人のために、実際にケノンの美顔器を使っている私が、使い方を伝授します。基本的なことから、照射レベルのこと、頻度、使用用途、使用時の注意点まで、ケノンの美顔器の疑問を網羅できるようにしていきます!

【基本編】ケノン美顔器の使い方

まずは基本の使い方をチェックしていきましょう。

1.美顔カートリッジに付け替える

ケノンを脱毛器から美顔器に変えるのはとても簡単です!脱毛用のカートリッジを美顔器のスキンケアカートリッジに付け替えるだけ。ワンタッチで取り外しが可能です。

2.洗顔後の肌をクーリングする

ケノンの美顔器を使う前は、メイクを必ず落とし洗顔をして肌を綺麗な状態にしておきましょう。そして洗顔後は、付属の保冷剤でしっかりと肌を冷やしましょう。冷やした後は光を照射しますが、照射前には何も肌につけなくてOKです。

3.アフターケアを念入りにする

照射した後も保冷剤で肌を冷やし、クーリングを行います。その後、化粧水や乳液、クリームなど、なるべく低刺激なものを肌にたっぷりと塗り、十分に保湿をします。光を照射した後のアフターケアを念入りにしておくと肌トラブルを避けられます。

【レベル編】ケノン美顔器の使い方

次は照射レベルについて詳しく見ていきましょう。

おすすめの照射レベル

美顔器として使う時の私のおすすめ照射レベルは5です。でも、最初はもっと低いレベルからスタートしていきましょう。痛くないからといってすぐにレベルをあげてしまうのではなく、レベル1、2から始めて、次はレベル2、3と徐々に上げるようにしましょう。大事な顔に照射するので、念には念を入れて慎重にいきましょう。

レベル10でお手入れするのは可能?

脱毛器としてケノンを使う場合は、肌が強いからレベル10という人もいますが、美顔器として使う場合はレベル10まで上げる必要はなさそうです。レベル10にしたからといって劇的に肌が綺麗になるわけではないので、ちょうど良いレベルで定期的にケアをしていくほうが効果を実感しやすいです。

連射モードとは?

スキンケアカートリッジに付け替えると、自動で10連射モードになります。肌への負担を考慮して、通常の1回分の光を10回に分けて照射してくれる機能です。途中で連射を止めたい時はボタンから手を放すだけ!

【頻度編】ケノン美顔器の使い方

ケノン美顔器を使う頻度はどのくらいが適切なのでしょうか。

1週間に1度のケアが基本

ケノンの説明書には1週間に1度が基本だと書かれていて、公式サイトでは2週間に1回の使用をおすすめしています。肌の弱い人は2週間に1回くらいの使用から始めてみて、徐々に10日に1回くらいの頻度に変えていくと良いでしょう。

毎日お手入れするのは可能?

結論から言うとNoです。

ケノンの美顔器は光を当てて肌の内側に働きかけるフォトフェイシャルの仕組みになっています。一度光を照射した後は、肌が敏感になっているので、何度も同じ箇所に頻繁に照射するのは肌トラブルを起こしかねません。メーカー側も1週間に1回をおすすめしているので、毎日使用するのは避けましょう。逆に肌荒れしてしまったら元も子もありません。

【応用編】ケノン美顔器の使い方

ケノン美顔器を使う時のよくある疑問についても考えてみましょう。

脱毛した後の肌ケア

ケノンで脱毛した後、肌のケアとして美顔器を使っても良いのでしょうか?ケノンには両方の機能が備わっているので、確かにやりたくなりますよね……。でもNGです。

肌トラブルを避けるためというのが大きな理由です。脱毛器の光と美顔器の光はカートリッジは替えていますが、元は同じ光を使用しています。そのため、何度も同じ箇所に同じ光を当て続けると肌が炎症を起こしてしまう可能性も。脱毛をした箇所に美顔器を使いたい場合は、必ずある程度間隔を空けてから使用することが重要です。

ワキや膝の黒ずみケア

ケノンの光エステは光を照射すると新陳代謝が活発になり、肌のターンオーバーを早めるため、黒ずみ自体が綺麗になる可能性があります。試す価値はありです!

ただ、一点注意したいのは、ケノンの光はもともと黒い色に反応するように作られているということ。そのため強い痛みが起こることも考えられます。

黒ずみが濃い場合は、使う前にいつもよりも念入りにクーリングをして、肌の感覚がなくなるくらい冷やして照射しましょう。照射した後にもクーリングと保湿を必ず行いましょう。それでもどうしても痛い場合は、残念ながら黒すぎてケノンが使えない状態かもしれませんので、使用を控えたほうが良いでしょう。

Point!!

脇や膝、肘だけでなく、Iラインの黒ずみも気になりますよね。もしケノンの美顔器で自宅で黒ずみケアができたら嬉しいですね。でも、かなりデリケートな部分なので最大限の注意が必要です。

粘膜に照射しないように薄手のショーツを着用して照射することをおすすめします。照射前は、冷やしすぎなくらい冷やして、まずはレベル1の連射モードでテスト照射を行います。万が一、照射中に痛みを感じたり、照射後にヒリヒリしてきたりする場合は使用するのはやめましょう。

【注意点】ケノン美顔器の使い方

ケノン美顔器を使用する時の注意点についても確認しておきましょう。

ほくろやニキビには照射しない

脱毛器として使用する時と同様に、ほくろやニキビには光を照射しないように気をつけましょう。照射箇所にほくろやニキビ、傷などがある場合は、事前に白いテープや絆創膏などを貼って保護しておきましょう。

当日は入浴しない

見落としがちなのですが、美顔器を使った当日は入浴を控えましょう。光を照射して肌は繊細になっています。この状態でお風呂に入ると肌がふやけてしまう可能性や、雑菌などが入りやすくなってしまい、そこから肌トラブルを引き起こしかねません。

ケア後の日焼けやメイクは厳禁

美顔器を使った後は、しっかりクーリングと保湿をして、その後はメイクをするのは避けましょう。また、日焼けをするのも厳禁です。どうしても外に出る時は、刺激の少ない日焼け止めを塗るか、帽子をかぶる、サングラスをかけるなどをして、美顔器を使用した肌を守るようにしましょう。

夜に美顔器を使うと、照射後メイクをする必要もなく、日焼けもしなくて済むのでおすすめです。ただ、お風呂に入れなくなってしまうので「絶対夜お風呂に入りたい!」という人には、外出の予定が入っていない昼間をおすすめします。

ケノン美顔器の使い方をマスターして美肌をGet!

ケノン美顔器の使い方を理解したら、早速使ってみましょう。いざ使ってみたら簡単すぎてびっくりするかもしれません。カートリッジはワンタッチで付け替えられ、自動的に本体は美顔器モードに変わります。

低いレベルから照射をスタートし、徐々にレベルを上げるようにしましょう。10日〜1週間に1回の頻度で使うようにして、毎日使うのは肌のために避けること!あとは、注意事項にさえ気をつけていれば、安全に美肌を手に入れることができます!

ケノンで脱毛&美顔の両方を叶えて、ツルツル&すべすべ素肌をGetしましょう!

公式サイトから購入する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*