ケノンを妊娠中に使うとどうなる?脱毛できるけど使わない方が良いのはなぜ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ホルモンバランスが崩れがちな妊娠中にケノンを使っても大丈夫なのか調べてみたところ、公式サイトには使用を控えるよう書かれていました。でも、口コミでは使っている人が多いようです。妊娠中は体の負担になることは避けたいですよね。私の印象では、妊娠中でも脇・腕・脚などは脱毛できそうだと思ったのですが、お腹やVOI脱毛については疑問が残りました。また、できれば妊娠中でも美顔器の機能が使えると嬉しいですよね。そこで、この記事ではケノンを妊娠中に使うとどうなるのかについて、徹底リサーチしていきます!

ケノンを妊娠中に使うと体に悪影響!?

「妊娠中でもケノンを使って脱毛したい」と考える人は少なくないはず。でも、妊娠後から授乳期までは何かと行動が制限されることも多いので、使用に問題がないのか気になりますよね。

結論から言うと、公式サイトには妊娠中の使用は控えるように書かれています。ただ、使用しても胎児に悪影響はないようです。ではどうして使用を控えるように書かれているのでしょうか?

その理由は、妊娠中のホルモンバランスの変化や肌への刺激の受け方が関係しているんです。そこで、もう少し詳しく妊娠中のケノンの使用について知るために、妊娠中にケノンを使うとどうなるのか、どうして妊娠中は使用を控えるべきなのか、いつから使用していいのか、産後脱毛の注意点などについて確認していきましょう。

ケノンが胎児に悪影響を及ぼすことはない

妊娠中のケノンの使用によりお腹の赤ちゃんに悪影響があるのかは特に気になる点ですよね。ケノンが胎児に与える影響について見ていきましょう。

光はメラニンにしか作用しない

ケノンの光はメラニンの黒い色に反応して脱毛をする仕組みになっています。つまり、妊娠している、していないにかかわらず、肌の表面に出ている黒い色以外のものに反応しないということがわかっています。

血液中や子宮にまで到達することはない

ケノンの光は、照射しても体の内部、特に妊娠中には気になる血液中や子宮に到達することはありません。万が一、妊娠中に照射してしまっても体内に影響を与えることはないので安心してください。ケノンの脱毛器の光と美顔器の光は同じものを使っているので、脱毛・美顔ともに安心です。

脱毛が不可能なわけではない

上記の理由から、妊娠中の脱毛が不可能なわけではないことがわかります。では、どうしてメーカーは「妊娠中の使用は控えるように」と言っているのでしょうか。その理由もチェックしておきましょう。

ケノンが「妊娠中は控えて」としている理由

ケノンのメーカー側が「妊娠中の使用は控えて」と言っている理由には以下のようなことが挙げられます。

肌がデリケートな時期だから

妊娠中は女性ホルモンのバランスが通常とは変わってくることもあり、肌がとても敏感になっています。こういった肌がデリケートになっている時期に脱毛を行うと、たとえアフターケアをしっかりしていたとしても、普段は起こらない肌トラブルが起こる可能性が高くなってしまいます。そのため、メーカーからは「妊娠中のケノンの使用は控えるように」と言っているのです。

なお、妊娠中と同様に体内のホルモンバランスが崩れる生理中もケノンの使用は控えることをおすすめします。多くのエステサロンでは、施術日と生理日が重なると脱毛を行えないことになっています。

ムダ毛の量や質が変化するから

妊娠中は、特殊な状態の女性ホルモンのバランスが維持されることによって、母体と胎児が安全な状態に保たれています。妊娠後の女性ホルモンバランスは、妊娠が終わると以前のような状態に戻るか、妊娠前と妊娠中とは違うホルモンバランスに変わることもあります。そうなると、ムダ毛の生え方が以前と変わったり、以前よりムダ毛の量が増える可能性が高いので、妊娠中に頑張って脱毛をしたところで、さらにまた脱毛を繰り返す必要があります。

結果的には妊娠中に行った脱毛はあまり効果がなく、カートリッジの照射回数を無駄に使っただけ、という結果に繋がりかねません。こういった無駄打ちを減らすためにもメーカー側では妊娠中の照射を推奨していないというわけなのです。せっかく脱毛をするなら、効果が出やすい妊娠していない時期に行ったほうがいいですよね。

ケノンで脱毛してい良いのは産後何日目?

妊娠中にケノンで脱毛することが推奨されていないのはわかりました。では、出産後すぐに脱毛したい!という人はいつから脱毛を始めればよいのでしょうか。

産後の生理が戻ってから

女性ホルモンのバランスを考えると、産後、生理が戻ってから脱毛を開始するほうが良いでしょう。生理が戻ってくるということは、女性ホルモンのバランスが妊娠前の状態に戻った、もしくは近くなったことを意味するので、産後の生理が戻ったタイミングを脱毛再開の目安にしておきましょう。人によっては、本格的に体調が戻るのは授乳が終わった頃という人もいるので、そのタイミングを目標にしても良いでしょう。

一気に全身脱毛するのは難しい

産後、赤ちゃんの世話で大変な毎日を過ごしている中、いざ脱毛しようと思ってもゆっくりとケアする時間を取れないことが多いですよね……。妊娠前の時のように、一気に全身脱毛するのは難しいかもしれません。

そんな時は、旦那様やご両親などに赤ちゃんを見てもらうようお願いし、最低でも1時間くらいはゆっくりと過ごせる時間を確保しましょう。1時間は難しいようであれば、全身ケアは諦めて今日は脇だけの処理にしよう、などと毎日少しずつ時間を作るのもおすすめです。

産後の脱毛で気をつけること

産後に脱毛を開始する時の注意点をチェックしておきましょう。

シェービングと脱毛は肌の様子を見ながら行う

妊娠前と妊娠後で肌質がガラリと変わってしまったという人も多いので、産後に脱毛する時はいきなり前と同じようにするのではなく、少しずつ肌の様子を見てから脱毛を行うようにしましょう。

特に、脱毛の前日に行うシェービングは注意が必要です。また、シェービングでは問題がなくても、脱毛の光照射をした後、肌が荒れてしまうことも。とにかく念入りに注意をしながら、何か問題がある場合は、産後の体調が落ち着くまでしばらく脱毛を控えると良いでしょう。

レベル設定は低めにする

産後脱毛をする時は、出力レベルは低めに設定しましょう。妊娠前にはレベル10でやっていたから出産後もレベル10から始めるというのは少し危険です。

出産後の肌はとにかくデリケートになっています。全く問題がない人もいますが、十分に肌の状態に注意を払いながら、出力レベルを低めに設定して脱毛を開始するようにしましょう。

脱毛後は今までよりもしっかり保湿する

脱毛後は、これまで以上にしっかりと保湿を行いましょう。この時使用する保湿のための化粧水や乳液、クリームなどは低刺激のもの、無添加のものなどをたっぷりと使い、肌に与える負担を極力減らしましょう。さらに、通常の使い方と同様ですが、保湿する前には、脱毛前と後のクーリングを行うことも忘れないようにしましょう。

ケノン脱毛は出産後の体調が落ち着いてから!

妊娠中でも妊娠前と変わらず脱毛を続けたい気持ちはよくわかりますが、メーカー側が推奨していないこともあり、できれば使用は控えましょう。肌トラブルになる可能性があること、あまり効果が得られないことを考えると、わざわざ妊娠中に脱毛するより産後まで待ってカートリッジの照射回数を無駄にすることなく使いたいですね。

産後生理が戻った後や授乳が終わった後を目安にして、体調がすっかり落ち着いたことが確認できたらケノンを再開しましょう。肌の調子も戻ってホルモンバランスも整っているタイミングで脱毛を再開できるといいですね。

妊娠・出産の時期でもケノンで脱毛して綺麗になっておきたい気持ちは痛いほどわかりますが、体調が落ち着くのを待ってからのほうが安心して脱毛を楽しめます。できるだけ妊娠中のケノンの使用は避けて、出産後から脱毛できるように計画を立てておきましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*