ケノンで産毛ケアはできる?強力パワーの家庭用脱毛器ですべすべお肌をGet!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ケノンで産毛ケアはできるのでしょうか?産毛は普通の体毛と違って毛の色が薄いので、メラニンの黒い色に反応して脱毛をする仕組みのケノンでは脱毛しにくい気がするのですが、実際どうなのでしょうか。現在、絶賛ケノン使用中の私もまだ産毛脱毛にはトライしたことがありませんでしたが、これを機会に挑戦してみるつもりです。そこで、この記事では、ケノンで産毛を脱毛することはできるのかを徹底リサーチし、ケノンと産毛脱毛の関係についてまとめていきます!

ケノンで産毛を脱毛することは可能か

ケノンで産毛脱毛は可能なのでしょうか?結論から言うと、どうやら産毛もケノンで脱毛可能なようです!

一般的なムダ毛は脇や腕、脚などにはっきりとした濃い黒い色で生えてきますが、ケノンの脱毛はこの黒い色に反応をして毛根を破壊し、自然に毛が抜けるような仕組みになっています。そういった仕組みを聞くと、産毛の黒い色は薄いことが多いので、ケノンがうまく働くのに十分なのか不安に感じてしまいますよね……。

でも、口コミではケノンで産毛脱毛が可能だった声が多く見られます。調べてみると、どうやらケノンで産毛脱毛をするにはコツや注意するポイントなどがあるようなんです。そこで、産毛脱毛の効果、コツ、注意点などについて詳しくチェックしていきましょう!

ケノンの産毛脱毛の効果を検証

ケノンで産毛脱毛をした時の効果について、口コミなどから得られた情報を元に検証してみました。効果が出るまでには個人差があるので、この情報がすべてではありませんが、産毛脱毛に取り組む前の参考にしてみてくださいね。

10回目~自己処理がラクになる

顔にうっすらと生えている産毛。メイクする前にカミソリで処理している人も多いかもしれません。この処理から解放されるだけでメイク時間の短縮にもなりますよね。そこで、産毛脱毛について、一般的に言われている脱毛に必要な回数と期間、その効果について確認していきましょう。

まず、自己処理が楽になるタイミングは産毛脱毛を始めて10回目が目安と言われています。だいたい10〜15回くらい脱毛を終えた頃、期間でいうと最初に産毛の脱毛を開始してから1年〜1年半くらい経ってから産毛があまり生えてこなくなるそうです。他のムダ毛の箇所に比べると、比較的時間はかかるので根気強く続けることが重要だと言えます。

20回以上~化粧ノリが良くなる

次に現れる効果は、化粧ノリがよくなるというものです。ここまで行くには、20回以上産毛脱毛を行う必要があります。期間でいうと、2年以上費やすこととなるのでかなり辛抱強く脱毛を継続しなければいけませんが、これを乗り切れば、顔の印象が明るくなり、化粧ノリが良くなるという嬉しい効果を手に入れることができます。

⇒ケノン公式サイトはこちら

家庭用脱毛器で産毛処理が難しい理由

ケノンのような家庭用脱毛器で産毛処理をするのは、正直なところ思ったより時間がかかります。その理由には光式の脱毛は、産毛は普通のムダ毛に比べて色が薄いことが関係しています。ただ、ケノンは他の家庭用脱毛器と比較すると優れた光のパワーを持っており、出力が強いからこそ、産毛脱毛が自宅で可能になっているのです。

光脱毛のフラッシュは黒に反応する

光脱毛のフラッシュは黒い色に反応をして脱毛をする仕組みです。いくら産毛が薄いとはいっても、日本人の多くの人の産毛は黒い色(もしくはグレー)をしているので、フラッシュはきちんと反応し、脱毛してくれるというわけなのです。

家庭用脱毛器のランプは出力が強くない

ただ、一般的な光式家庭用脱毛器のランプの出力はあまり強力ではないため、産毛の薄い黒い色に反応するのには難しいといわれることもあります。しかし、ケノンは業界最大レベルの出力を誇っているので産毛脱毛が可能になるのです。

ケノンのパワーはサロン級

業界最大レベルというケノンのパワーは、エステサロンなどで使われている光式の脱毛器とほぼ変わらないくらいの出力といわれます。口コミでは、剛毛なヒゲやVラインなども問題なく脱毛できているという声もあります。エステサロンで働く人のなかにも、ケノンを購入して自宅で使っている人がいるそうです。

⇒家庭用脱毛器の効果とは?

ケノンで産毛脱毛をするコツ

ケノンで産毛脱毛をする時にはある程度コツが必要です。難しいものではないので、ぜひ覚えて実行しましょう。

前日にシェービングしておく

ケノンで産毛脱毛したいと思う前日にシェービングをしておきましょう。これは普通のムダ毛脱毛の時にも同じことが言えますが、産毛を剃りすぎてしまい黒い色が表面に見えていないとケノンの光が反応できなくなってしまうので、前日にシェービングをしておき翌日には少し黒い色が見え始めているくらいがちょうどいいというわけなのです。

スキンケア前に使用する

顔の産毛を処理する時は、スキンケア前に脱毛するようにしましょう。スキンケアをして顔に化粧水や乳液、美容液、クリームなどを塗っていると表面に油膜ができてしまうため、脱毛効果が薄れます。産毛脱毛前には、メイクなどを落とし洗顔した状態にすることは大切ですが、その後スキンケアをする前に脱毛すると良いでしょう。

いつも以上の保湿を心がける

脱毛の照射が終わった前後は、必ず保冷材などで肌を冷やします。脱毛が終わって肌を冷やし終わったら、いつも以上の保湿を行いましょう。とくに、脱毛後は肌が敏感になっているので、肌に刺激が少ない無添加の化粧水やクリームなどをたっぷりと使用するのがおすすめです。

⇒ケノン公式サイトはこちら

ケノンで産毛脱毛した後の注意点

ケノンで産毛脱毛をした後にも注意する点があります。

すぐにメイクをしない

脱毛後、繊細になっている肌にすぐメイクを施すのはやめましょう。化粧下地やファンデーションを塗るだけでも肌が塞がってしまうので、脱毛後のメイクはしばらく時間を空けてからにしましょう。

日焼けは厳禁!紫外線対策を徹底する

また、産毛脱毛をした後に日焼けをするのは厳禁です!ただでさえ敏感になっている肌なので、紫外線に当たることによって肌トラブルを起こしてしまう可能性が高まります。脱毛をした後に外に出かける時は、肌に優しい低刺激の日焼け止めを塗ったり、つばの大きな帽子をかぶったりして紫外線対策を徹底しましょう。

脱毛直後は低刺激コスメがおすすめ

脱毛の後、しばらくたってメイクをする時も、できるだけ低刺激のコスメを使うようにしましょう。化粧水や乳液、ファンデーションだけでなく、チークやアイシャドウなども脱毛した箇所に近い部分にメイクする時は、できるだけ低刺激のものを選ぶと良いでしょう。

⇒ケノン公式サイトはこちら

ケノンの産毛脱毛で晴れやかな笑顔を手に入れよう!

少し時間はかかりますが、ケノンで産毛脱毛を成功させることは可能だとわかりましたね。産毛脱毛ができると、顔がワントーン明るくなって顔を晴れやかにすることができます。また、それだけでなく、メイク前のカミソリでの自己処理から解放されるので、最終的には肌をカミソリで傷つけることもなくなり、肌に優しい結果となるんです。

実際にケノンで産毛脱毛が可能だとわかって、私も早速取り組みたくなりました!みなさんんも一緒に、ケノンで産毛をすっきりなくして、化粧映えするパッと明るい笑顔を手に入れましょう!

⇒ケノンの脱毛効果を詳しく見る

⇒ケノン公式サイトはこちら

⇒【最新】人気脱毛器ランキングはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*