家庭用脱毛器ダブルエピシリーズ徹底調査!あの人気脱毛器と比較してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家庭用脱毛器のダブルエピは、YA-MAN社から販売されている今話題の脱毛器です。エステサロンでも施述を受けることができる光(フラッシュ)式脱毛が自宅で行えて、照射するとムダ毛の黒い色に反応して毛根を破壊、数日後に自然に毛がするっと抜けるという仕組みです。でも、やはり家庭用だとサロンの機械より性能は劣るのでしょうか。また、最近は他社からも光式脱毛器が出ていますが、他社製品と比べてダブルエピの性能はどうなのでしょうか。ダブルエピの調査をしつつ、ダブルエピよりもっと優れた家庭用脱毛器はないのかも含めて徹底リサーチ!

家庭用脱毛器ダブルエピ Proで全身脱毛はできる?

家庭用脱毛器のダブルエピはシリーズ化されていて、「ダブルエピ Pro」、「ダブルエピ エクストラボーテ」などがありますが、ここでは購入しやすいお値段と自宅で使いやすいサイズが人気の「ダブルエピ Pro」を中心にリサーチしていきます。

サロンに行かず、自宅で脱毛するとなると目指したいのは全身脱毛!では、ダブルエピ Proでは、全身脱毛はできるのでしょうか?結論から言うと、できないことはないのですが、ちょっと難しい箇所もあります。

ダブルエピ Proの照射面積は狭く、サロンなどに比べると照射力は低めなので、全身を脱毛するのは少し難しいのです。ただ、家庭で行う脱毛がすべてサロンに劣るというわけではありません。光の照射パワーがもう少し強いもので1回の照射面積が広い家庭用脱毛器を選べば自宅で全身脱毛も夢ではないのです。

そこでこの記事では、ダブルエピ Proが気になっている人のためにダブルエピProの特長や短所、ダブルエピ Pro以外のおすすめ脱毛器の紹介、家庭用脱毛器使用の注意点などについてまとめてききます!

ダブルエピ Proの特長

ダブルエピ Proの特長について見ていきましょう。

ダブルエピ Pro

Amazonより

総合評価

★★★★☆

脱毛の種類

フラッシュ

出力レベル

1~5段階

使用可能部位

全身(髭・Vラインは難しい)

  • メーカー名:YA-MAN
  • 本体価格:28,970円〜46,440円
  • オプション機能:カートリッジ取り替え可能 

肌に密着させて、ボタンを押すだけで簡単に使える光式家庭用脱毛器。2週間に1回の使用を推奨しているが、毎日使ってもOK。ただし、1日に2発以上同じ部位に照射はNGです。光がムダ毛の黒い色にピンポイントで反応し、毛根にダメージを与えて脱毛します。肌にやさしく、キレイに仕上がると評判です。

>>Amazonから購入する

美容家電の老舗「YA-MAN」の光脱毛器

ダブルエピ Proが人気の理由の一つとして挙げられるのが、美容家電の老舗メーカーであるYA-MANさんが販売している家庭用光脱毛器であるということです。あのYA-MANが出してるなら安心して使えるだろうと購入を決める人も多いようです。

シェーバーつきで便利

ダブルエピ Proの大きな特長はシェーバー付きということです。通常の家庭用光脱毛器は脱毛をする前に自分でカミソリで長いムダ毛を剃っておくことが前提になりますが、このダブルエピ Proの場合は、照射口の上にシェーバーが付いていることから、シェーバーで剃ったムダ毛に光を照射して脱毛するという使いやすい設計が魅力です。

本体価格がお手頃3〜4万円!

ダブルエピ Proのもう一つの魅力は、価格がお手頃ということです。最近は新しいシリーズの「ダブルエピ エクストラボーテ」などが販売されているため、メーカー側もこのProの価格を落とす傾向にあります。そのため、光式脱毛器としてはお手頃な3〜4万円ほどで購入できてしまうこともあります(2018年5月現在)。

ダブルエピ Proの残念ポイント

ダブルエピ Proにはいい点ばかりではありません。残念なポイントもあるんです。

消費電力が低い

ダブルエピ Proの消費電力は、最大40ワットです。電力をあまり使わなくていいなと思う人もいるかもしれませんが、これは照射パワーが弱いということを意味します。出力レベルは5段階しか調節できないため、照射威力は弱いと言えそうです。

照射範囲が狭い

ダブルエピ Proの照射範囲は4.5㎠しかありません。腕や脚などの広い範囲を脱毛しようと思うと全範囲をカバーするためには何度も照射する必要があり、少し面倒だと言えます。

照射回数が少ない

ダブルエピ Proのカートリッジの寿命(照射回数)は残念ながらあまり多くありません。最小レベルで照射を行った場合、最大で約5万発照射できますが、これはあまり多い回数ではありません。

Point!!

ダブルエピにはエクストラボーテという型もあります。エクストラボーテのほうが新しい型なので、機能は優れていますがお値段も8万円台と高くなってしまいます。気になる新機能は、ダブルフラッシュになってパワーアップした照射力や、剛毛用カートリッジと美顔用カートリッジが付属品としてついてくる、10連射機能が1.5倍になった、などがあります。

全身脱毛におすすめの家庭用脱毛器は「ケノン」

ダブルエピシリーズと並んで人気がある光式家庭用脱毛器はケノンです。ダブルエピシリーズの特長と合わせてケノンの魅力を考えていきましょう。

ケノン

総合評価

★★★★★

脱毛の種類

フラッシュ

出力レベル

1~10段階

使用可能部位

全身(髭・VラインもOK)

  • メーカー名:エムロック
  • 本体価格:69,800円
  • オプション機能:美顔器

元エステティシャンもその性能の高さを認めるほどで、サロンと変わらない脱毛効果が得られると評判です。脱毛する箇所に合わせてカートリッジの種類が選べます。値段は若干高めですが、1台を家族で共有できることを考えるとコストパフォーマンスが高いという魅力があります。脱毛器としてだけでなく、美顔器としても使えるので自宅でエステ気分が味わえます。

⇒人気No.1脱毛器ケノンの効果を詳しく見る

⇒公式サイトはこちら

照射パワーがサロン並み

ケノンの消費電力は60ワットです。この電力はサロン並みの出力を可能にしています。また、ケノンは極短の発光時間で照射をするにもかかわらず、高品質フィルターを使用しているため肌に低刺激です。

最近は、ダブルエピのように大手メーカーから販売されている光式脱毛器が増えていますが、実はケノンほど照射パワーが高いものは少ないのです。サロン並みのマシンを自宅で使えるようにしてしまうと、専門の施術者がいない中で脱毛を行って肌トラブルが起こったとクレームになるのが可能性があります。そこでケノン以外のメーカーではこういったクレームを避けるため高性能・高出力の家庭用脱毛器の販売を避けているのですが、ケノンは機械の品質やアフターサービスに自信があるため、高出力の脱毛器を販売を実現しています。

照射範囲が最大9.25平方センチメートル

ケノンの大きな特長は、照射範囲の広さです。標準装備で付いているプレミアムカートリッジを使用すると、照射範囲は2.0cm×3.5cm=7㎠と広いです。オプションのカートリッジで絵クストララージカートリッジと呼ばれるものはなんと、2.5cm×3.7cm=9.25㎠も照射範囲があります。これを使用した場合は、肘より先を片腕だけ処理する場合は約20発照射すれば1回の脱毛が終了してしまいます。

照射回数がダントツに多い

ケノンのもう一つの良い点は、取り外しができるカートリッジの照射可能な回数が他のメーカーの製品と比べて圧倒的に多いということです。標準装備で付いてくるプレミアムカートリッジの照射回数は、最大100万発(レベル1照射の場合)です。最高レベルの10で照射した場合も30万発と照射回数がダントツに多いので、カートリッジを何度も買い換える必要がなくお得です。

家庭用脱毛器の注意点

ケノンをはじめとする家庭用脱毛器を使用する際の注意点について見ていきましょう。

使い方を間違えないこと

家庭用脱毛器を購入したら説明書などをしっかりと読んで基本的な使い方を理解しておきましょう。ケノンをはじめとする一般的な光式脱毛器の使い方は、光を照射する前日にシェービングをして長いムダ毛を処理しておきます。当日はシェービング後少し生えてきた毛を狙って照射を行います。

照射を行う前に、保冷剤などで肌を冷やしてから照射スタートです。照射後も保冷剤など照射した箇所を冷却します。冷却した後は保湿をしっかりとして肌トラブルから肌を守るように心がけましょう。

頻度を守ること

メーカーが推奨している使用頻度を守りましょう。光式脱毛器は毎日使ってもあまり意味がありません。また、一度だけ照射すれば脱毛が終了するものでもありません。人間の体には毛周期があり、その周期に合わせて後から生えてきた毛にも照射を行わないと意味がないのです。

ケノンの場合は、メーカーが推奨する脱毛の頻度は2週間に1回です。脱毛器によっては1週間に1回の頻度で使っても良いとしているものもありますが、どのメーカーの脱毛器でもおすすめされている使用頻度を必ず守って安全に使いましょう。

中古では買わないこと

脱毛器は中古ではなく新品を購入することをおすすめします。中古品は誰かが一度使用していたということになり、衛生面から見ても知らないの人の肌にずっと触れていたものを使うのは少し怖いですよね。

また、ケノンでは公式サイトなどの正規のケノンのショップで購入していないと、アフターケアなどの保証が受けられず、1年間の本体の無料保証も付いてきません。いくら安くても中古で購入するのは避けたほうがよさそうです。

⇒家庭用脱毛器を詳しくチェック

家庭用脱毛器ならダブルエピよりケノンに決まり!

家庭用脱毛器で全身脱毛をすることを考えているなら、ダブルエピシリーズよりケノンの購入をおすすめします。価格の面では、ダブルエピ Proは魅力的かもしれませんが、照射パワーが低いことや照射面が狭いことを考えると結果的に自宅で全身脱毛をするには少し力が及ばない印象です。それに対して、ケノンはサロン並みの照射パワーを誇り、広い照射面で広い範囲にも簡単に対応できる優れた機能を持っています。

自宅で全身脱毛をすることを目指すなら、ケノンの購入がおすすめです。ケノンで自宅脱毛をすると思った以上に簡単に全身脱毛が目指せることに気づくはずです。早速、ケノンで脱毛して、自慢のツルツル素肌を手に入れましょう!

⇒ケノン公式サイトはこちら

⇒【最新】人気脱毛器ランキングはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*