安い脱毛器は人気があっても効果なし?購入前にチェックすべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気が高い安い脱毛器の効果とは?物を買うときの基準のひとつに価格がありますが、1万円以下の安い脱毛器の場合はどうなのでしょうか。本当に効果があるのか、自信をもっておすすめできるのかなど、実際に購入した女性たちの口コミも参考にまとめました。カートリッジが交換できる、美顔器としても使えるなど、コスパがよく「本当の意味」での安い脱毛器とは?脱毛器で人気が高いケノンやヤーマンのレイボーテなどと、安い脱毛器との違いについてもお伝えします。脱毛器選びで後悔しないためにも、ぜひこの続きをチェックしてください。

人気の脱毛器は安い?高い?

「脱毛器1万円以下」で検索すると、いくつかの安い脱毛器が見つかります。1万円なら買ってみようかなと思うかもしれませんが……ちょっと待ってください!

安い脱毛器は、そもそも脱毛ではなく除毛しかできないものもありますし、期待するような効果が得られないことも。また本体価格が安いものはカートリッジの取り換えができず、かえって高くつくこともあります。

本当の意味で安い&人気が高い脱毛器を選ぶための方法を、この先じっくり紹介します。

安いだけの脱毛器では脱毛できない

安い脱毛器は、どのようなメカニズムでムダ毛を処理するのでしょうか。あなたが脱毛器に求める効果が、得られるのかどうかをチェックしておきましょう。

肌の表面で毛を焼き切るタイプ

ヤーマンのノーノーヘアなどがこのタイプです。肌に機会を垂直に当て、熱線で毛を焼き切ることでムダ毛を処理します。このタイプはサーミコン式と呼ばれ、正確には脱毛ではなく除毛となります。

カミソリのように肌表面を傷つけることなく除毛ができ、毛先も丸くカットされるため伸びてきてもチクチクしません。脱毛効果の即効性が高いこともメリットとなります。

デメリットは、毛を焼き切るため焦げたような臭いがすること、毛穴から出ている毛だけを処理するのですぐに生えてくること、熱線を肌に垂直にあてなければ火傷をする可能性があることです。

とにかく初期費用を安く抑えたい、肌を見せるときだけムダ毛処理ができればいいという人におすすめです。

生えている毛を根元から抜くタイプ

パナソニックのソイエがこのタイプです。高速回転するヘッドにつけられた何枚ものツメが、ムダ毛をつまんで引き抜く脱毛法です。メカニズムとしては、毛抜きでムダ毛を抜く方法と変わりありません。

使用後すぐに脱毛効果が得られること、ムダ毛が気になったタイミングで手軽に使えることがメリットです。その反面痛みを感じやすい、またムダ毛が生えてくる、凹凸にヘッドを沿わせにくいなどのデメリットもあります。

とにかく安い脱毛器を探している人、痛みに強い人、こまめな脱毛が苦にならない人、手軽に使いたい人におすすめです。

本格脱毛するなら光がおすすめ

本格的に脱毛したいのなら、光(フラッシュ)脱毛がおすすめ。永久脱毛はできませんが、ムダ毛処理を重ねることで毛が細く生えにくくなる効果も期待できます。光脱毛がおすすめな3つの理由は以下のとおりです。

一度に広範囲の脱毛が可能

脱毛にかける時間は、短ければ短い方がいいですよね。そこで注目したいのが、一度に脱毛できる範囲について。人気の光脱毛器はカートリッジの照射面積が大きい製品が多く、一度に広範囲の脱毛が可能です。

例えばケノンの場合、標準装着のカートリッジでも7平方センチメートル、エクストララージカートリッジでは9.25平方センチメートルとなります。そのため、片ワキの脱毛時間はわずか10秒で完了。

ラヴィの1回あたりの照射面積は7.4平方センチメートル、レイボーテグランデはシリーズ最大の12平方センチメートルの照射が可能です。

レーザー脱毛器の1回あたりの照射面積が1平方センチメートルであることを考えると、光脱毛がいかに広範囲の脱毛が可能なのかがわかります。

複数のカートリッジを使い分けられる

照射範囲が広いのはうれしいことですが、細かな部分やデリケートな部分では小さなカートリッジの方が使い勝手がいいですよね。多くの光脱毛器は、使用する部位や目的によってカートリッジの付け替えが可能です。

カートリッジは照射面積の違い照射パワーの違いだけではなく、美肌ケア用などもあります。中には標準装備ではなく別売りのものもありますが、ケノンでは全5種類ラヴィレイボーテグランデ3種類となります。

カートリッジを付け替えることで、より効率よく脱毛を行うことができます。さらに、先ほど紹介した3つの脱毛器には美肌ケア用カートリッジも用意されているので、1台の製品で脱毛+美肌ケアを行うことができます。

継続することで毛が薄くなる

光脱毛を選ぶ方のもっとも大きな理由が、継続することで毛が薄くなることではないでしょうか。最初に紹介した安い脱毛器は、一時的に処理するだけでまたすぐにムダ毛が生えてくる脱毛法です。

脱毛は案外手間と時間がかかるもの。せっかく忙しい中貴重な時間を割いて脱毛をするのなら、回数を重ねることで毛が薄くなり、徐々に処理の回数を減らせるような脱毛法の方がいいと思いませんか?

光脱毛は永久脱毛ではありません。それでも多くの人が10カ月~1年程度でツルスベ肌になり、カミソリを使わなくても気にならなくなったとコメントしています。

ムダ毛処理を今のペースで一生続けるのか、それとも徐々に回数を減らしてその分の時間を有効活用するのかも、脱毛器を購入する前に考えておきたいポイントですね。

1万円以下の光脱毛器は安全?

人気の光脱毛器は安くても3万円程度、高価なものなら10万円程度が相場です。ところが、1万円以下で手に入れることができる光脱毛器もあります。安い光脱毛器の安全性について見ていきましょう。

生産国が日本ではない

日本のメーカーの商品だから安心して購入に踏み切ったものの、実際の生産国海外だったということも少なくありません。国産の脱毛器は、日本人の肌に合わせて作られているので安心して使うことができます。

生産国によっては、衛生面作業工程にやや不安を感じることもありますよね。また、サイトの商品説明で、本来なら不可能である永久脱毛の文字を見かけることも……。

口コミによると「実際の商品と説明書の製品が違っていて使い方がわからない」「ボタンを押しても光が出ない」などのトラブルもあるようです。一概には言い切れませんが、製品に当たり外れがある印象が否めません。

梱包が乱雑なケースも……

口コミで多く見られたのが、「梱包が破れていた」「箱が潰れていた」「包装紙や梱包材が破れていて、中身が見えていた」などの梱包に関する不満です。特に品物の特性上、配達員に中身を知られるのは恥ずかしいものです。

製品によっては販売ページに「海外からの輸入となるため、外箱に破損・損傷が生じる可能性があります。あらかじめご了承ください」の文字があるものも。きれいな商品が届くかどうかは賭けとなるようです。

また、包装紙のみならず包梱材まで破れるような衝撃を受けて、製品に悪影響がないのかどうかも気になるところです。

光脱毛器で1万円以下は確かに安いのですが、「1万円の買い物」と考えると決して安い金額ではありません。肌に使用するための新品の製品を購入するのですから、梱包を含めきれいな状態で受け取りたいですね。

機能性が高くない

1万円以下の脱毛器への口コミを見ていると、以前にサロンでの脱毛を経験していた、もしくは別の光脱毛器を使用していたことがある人の購入も多いようです。

そのため口コミも、これまで経験した脱毛と比較するものが多いのですが、機能性についても不満を感じる人が多いようです。気になった口コミを以下にまとめました。

  • 照射回数の残量がわかりにくい
  • 照射後、次の照射までに時間がかかる
  • チャージ時間が長い
  • ボタンを押しても光らない
  • 実際には照射しなくても、表示では照射していることになっている

上から3つは些細なことだと感じるかもしれません。でも、光ってはいるけど効果があるのかどうかわからない、使いたいときにすぐ使えない、時間がかかるなどは、脱毛を続ける上で意外とストレスに感じるものです。

下から2点に関しては、機能性というよりも不良品と呼べそうです。実際に返品をした人、安物買いの銭失いだったと後悔する人もいました。

安い光脱毛器を購入した場合、当たり外れが大きいようです。結局信頼できる製品に買い替えて、かえって高くついたということにならないよう気をつけたいですね。

サロンvs脱毛器!光脱毛の価格相場

安い脱毛器を探していた人にとって、3~10万円ほどの光脱毛器は高価に感じるかもしれません。でも果たして本当に光脱毛器は高いのでしょうか。脱毛サロンと比較して考えてみましょう。

家庭用脱毛器

まずは、家庭用の光脱毛器の価格やコスパについて見ていきましょう。こちらではネット通販で売上No.1を誇る、人気の光脱毛器ケノンを参考にしています。

本体価格

1回あたりの全身脱毛費用

1年継続時の価格

69,800円(税込)

約70円

1,890円

※2週間に1度、1年で27回使用の場合

光脱毛器Aは標準装備されているカートリッジの寿命が長く、初期購入の費用だけで約1,000回全身脱毛(※レベル1で照射の場合)が可能です。そのため購入後の追加費用はほとんど不要です。

また、カートリッジの取り換えができて追加購入も可能なので、本体を家族と一緒に使うことで一人あたりにかかる単価をより低価格にすることもできます。また気になる脱毛効果ですが、購入者の98%が満足しています。

さらに前述のとおり美肌ケア用のカートリッジもあるため、美顔器として活用することもできます。ちなみに美肌ケア用カートリッジは本来別売り商品ですが、キャンペーン等で本体に付属されることも多いようです。

脱毛サロン

次に、脱毛サロンで脱毛をする場合の費用について見ていきましょう。こちらでは脱毛サロンBの価格を参考にしています。

月額定額プラン

1回あたりの全身脱毛費用

1年継続時の価格

10,260円(税込)

20,520円(税込)

123,120円

※2カ月に1度、1年で6回の場合

脱毛サロンBは毛周期に合わせた施術を行っており、実際にサロンに通うのは2カ月に1度となります。ただし月額定額プラン毎月の支払いが必要であるため、1回あたりの全身脱毛費用は2カ月分の金額となります。

入会金は不要なので初期費用は光脱毛器よりも低価格に抑えることが可能ですが、4回目の施術からは脱毛器の価格を超え、その後脱毛が完了するまで料金を払い続ける必要があります。

さらにシェービングはサロンに行く前に自分で行う必要があり、それができない場合は追加費用として1,000円が必要となります。背中やうなじなどの背面は自己処理しにくいため、有料で依頼する人が多いようです。

脱毛が完了するまでの回数に関しては、脱毛の効果が感じられるまでが約1年(施術6回)、90%の人が脱毛が完了したと満足するまでが約3年(施術18回で)となるようです。

サロンに行くことで気分転換になる、自分で処理しなくてもいいなどのメリットはありますが、費用を考えると脱毛器に軍配があがりそうです。

安い脱毛器が欲しいならコスパが大事

本当に安い脱毛器が欲しいなら本体価格ではなくコスパを重視しなければなりません。そのためにチェックしたい、3つのポイントをまとめました。

本体購入時のセット内容をチェック

まず最初にチェックしたいのが、本体を購入したときに標準装備されるセット内容についてです。カートリッジ冷却パッドなどの付属品は製品ごとに違うことはもちろん、キャンペーンの有無によってもことなります。

使いたい機能のカートリッジが別売りだったなどということがないように、本体に付属されるセット内容をチェックしておきましょう。

照射範囲と照射回数をチェック

照射範囲照射回数は、コスパを考える上で外せないチェックポイントです。同じ範囲を脱毛する場合でも、照射範囲が狭いとその分照射回数を増やさなければいけません。

例えばケノンに標準装備されているプレミアムカートリッジは、レベル1100万発、最大出力のレベル10でも30万発の照射が可能です。

160cm程度の標準体型の女性の場合、照射面積が7平方センチメートルのプレミアムカートリッジで全身脱毛に必要な照射回数は約1,000回。このことから考えると、レベル1で照射する場合、全身脱毛が約1,000回可能です。

本体価格のみで1,000回の全身脱毛が可能なので、1回あたりの価格は約70円。光脱毛器は、かなりコスパがいいと言えそうです。

カートリッジ交換できるかチェック

家庭用脱毛器の中にはカートリッジ交換が可能な製品と、カートリッジの交換ができない製品があります。使い続けることで毛が薄くなるとはいえ、永久脱毛ではないため定期的に適度なお手入れは必要。

カートリッジが交換できない脱毛器は、照射回数を終えると本体ごと買い替えなければいけません。このことを考えると、カートリッジが交換可能な製品を選ぶ方がコスパがよくなります。

カートリッジの交換が可能であれば、衛生的に家族や親しいルームメイトなどと本体費用をシェアすることもできます。長期間使い続けられ、複数人数で使用できることからも、カートリッジ交換可能な製品かどうかを確認しておきましょう。

特に若い人はこれから先も長く使えるように、カートリッジの交換可能なものを選びましょう。

後悔しない脱毛器の選び方

ここまで紹介した内容以外にも、気をつけたいポイントがあります。脱毛器の選びで後悔しないためにも、購入前に以下のポイントについて確認しておきましょう。

幅広い照射レベルのもの

照射レベルと脱毛効果は比例しています。ただしムダ毛にとって最適な照射べレルは、ひとりひとり違います。肌に余計な負担をかけず効率よく脱毛するためにも、照射レベルが細かく調節できるものを選びましょう。

人気が高い脱毛器の照射べレルは以下のとおりです。

  • ケノン(10段階)
  • ラヴィ(7段階)
  • レイボーテグランデ(10段階)
  • センスエピ(5段階)
  • ローワン(8段階)

自分が求める機能を持ったもの

選んだ脱毛器に、自分が求める機能が搭載されているかどうかの確認も必要です。脱毛に関しては、希望する部位に使用できるかどうかを確認しておきましょう。

脱毛器によって、VIOヒゲの脱毛に使用できるかどうかは異なります。顔への使用がOKであっても、男性の髭には使えない(効果がない)ものもあります。

また、美肌ケアに使用したい場合は、美肌ケア用のカートリッジがあるのかどうか、また別売りなのか本体に付属されているのかの確認も必要です。

Point!!

レーザー脱毛器は永久脱毛ができると言われていますが、トリアのような家庭用レーザー脱毛器は安全性を考慮して出力が抑えられています。そのため永久脱毛はできません。価格は5万円台ですが、カートリッジの交換ができず使い切りとなります。照射範囲も1平方センチメートルと狭く、光脱毛器と比べると痛みを感じやすいという声も。効率よくストレスなく脱毛したいのなら、光脱毛器がおすすめです。

脱毛器は安い価格に惑わされずに選ぼう

脱毛器は値段だけで決めるのではなく、本来の役割である「脱毛」の効果に満足できること、ストレスなく安心して使えることを基準にした商品選びをしたいですね。長い目で見ると、安い脱毛器になるはずです。

光脱毛器なら継続して脱毛することで、徐々に脱毛にかける時間や手間を減らすことができます。時間は限られた価値のあるものです。本体価格だけではなく、費用対効果を考えた上での安い脱毛器を選びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*