家庭用脱毛器は永久脱毛できない!それでも光脱毛が人気なのはなぜ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家庭用脱毛器で永久脱毛できたら、手軽だし嬉しい!と思う人が多いかもしれません。実はサロンでも家庭用脱毛器でも、永久脱毛はできないし、法律的にもできてはいけないのです。では、家庭用脱毛器を使えばどこまでの脱毛効果が期待できるのでしょう?そもそも永久脱毛とは何なのか、永久脱毛すれば本当にムダ毛はなくなるのか、詳しく見てみましょう。脱毛器を使って脱毛効果を実感できる期間も、口コミなどから調査。永久脱毛できなくても、脱毛器が人気の理由が何なのか徹底解剖してみました。

永久脱毛したい人は家庭用脱毛器を買ってはいけない?

家庭用脱毛器の購入を考えている人の中には、「永久脱毛できる」という期待を持っている人も多いかもしれません。結論から言うと、答えはNoです。永久脱毛したいなら、医療脱毛を行うしか方法がありません。

ただ永久脱毛といっても、一生毛が生えてこない訳じゃないことを知っていますか?ツルツルの状態をキープするには、定期的なお手入れが必要ということになります。

ムダ毛処理するなら永久脱毛のが絶対良いはずなのに、家庭用脱毛器が依然として人気なのには、それなりの理由があるのです。

脱毛するために家庭用脱毛器はアリなのか、この記事を読めば答えが見えてきます。

永久脱毛はクリニックでしかできない

永久脱毛はなぜクリニックなどの医療機関でしか行うことができないのか、基本的な情報を確認しておきましょう。

永久脱毛は医療行為

永久脱毛の方法としては、黒い色に反応するレーザーを肌に照射するレーザー脱毛と、絶縁針を毛穴1つ1つに刺して電流を流すニードル脱毛があります。

どちらも毛が生まれる毛乳頭周辺を破壊することで、新しい毛が生えてこないようにする医療行為です。

医師が適切な方法で行わなければ体に害を及ぼす可能性のある医療行為なので、法律的に医療機関でしか行うことができないように決められているのです。

脱毛サロンでも永久脱毛はNG

永久脱毛は医師しか行えない医療行なので、脱毛サロンでは永久脱毛はできないということになります。

逆に永久脱毛の施術ができるサロンがあれば、違法行為ということになってしまうのです。

そうすると、サロンで行われている脱毛はどんな脱毛方法なの?脱毛効果は得られるの?などいろいろと疑問が生まれてきますよね。

脱毛サロンで採用されているのは、レーザーよりも柔らかい光を使って、ムダ毛の元に働きかけて、毛を生えにくくしていく光脱毛です。

クリニックでの脱毛に比べれば、効果が現れるのに時間はかかるかもしれませんが、痛みが少なく徐々に毛が細く生えにくくなっていくので、脱毛効果がまったくないということはありません。

家庭用脱毛器は、サロンと同じ光脱毛の機器を採用しているものが多いのが特徴です。

クリニックでも「永久」に脱毛はできない!?

永久脱毛すれば一生ツルツルでいられる?実はそういうわけではなさそうです。永久脱毛がどんな状態を指すのか見てみましょう。

一生ムダ毛が生えてこない訳ではない

それでは、永久脱毛するとどのような効果が期待できるのでしょう?

日本では永久脱毛に関するはっきりとした定義がありませんが、アメリカのFDA(日本の厚労省のような機関)では、「3回施術して6か月後、毛が67%減毛している状態」と定められています。

永久脱毛したからといって、すべてのムダ毛がなくなるというわけではなく、再生する確率も少なからずあるということが分かりますね。

ツルスベをキープするなら通院が必要

確実に毛根部分に作用して新しい毛を生えなくしていくためには、広範囲に照射するレーザーよりも、毛穴1つ1つに針を挿入して電気を流す針を使った脱毛のほうが効果的といわれています。

この針脱毛でさえ、毛の再生率は0%とは言い切れないそうです。そのため、毛がまったく生えない状態を保ちたいなら、年に1~2回の通院が効果的と言われているようです。

とはいえ、医療脱毛は1回の施術でも高額なので、続けていくにはお金と根気が必要です。

Point!!

医療脱毛はお医者さんが施術してくれるから安心!というイメージがあるかもしれません。でも、医療脱毛で用いられるレーザーや電気針は、サロンなどに比べるとパワーが強く、肌への負担もかなり高いのです。万が一失敗してしまうと、ダメージも大きいということです。

その証拠に、ネット上でも「レーザーで火傷してしまった」という声が多数あがっています。値段も高額ですし、失敗しないためにも、申し込む前にしっかり注意事項をチェックしておいた方が良さそうです。

永久脱毛を上回る家庭用脱毛器の人気とは?

永久脱毛の方が脱毛効果が高いことはわかっていても、家庭用脱毛器がここまで人気の理由は何なのでしょう?

こまめなお手入れが可能

人気のクリニックの予約を取ろうとすると、数か月先まで埋まっていてなかなか通うことができないことが多いようです。いつ脱毛が完了できるのか心配になりますね。

その点、家庭用脱毛器なら、家で好きな時間に脱毛することができます。人気No.1のケノンであれば、2週間に1回の使用が推奨されているので、クリニックやサロンよりもスピーディに脱毛を進めることができてしまいます。

クリニックで全身脱毛するとなると、数時間かかってしまいますが、家庭用脱毛器なら空き時間を使って数日に分けて行うこともできます。

医療脱毛に比べて痛みも少ないので、クリニックで痛みに耐えられなかったという人にもおすすめです。

費用が安く済む

クリニックで全身脱毛するとなると、費用はだいたい数十万円になり、ローンを組んで通っている人も多いようです。

それに比べると、家庭用脱毛器は数万円~高くても10万円台の価格で販売されているので、かなり割安感があります。

しかもクリニックのように通院できる期間や回数が制限されないので、ムダ毛が復活してしまった場合も家でかんたんに処理できます。

初期費用や長い目で見たコスパを考えても、家庭用脱毛器の方が断然安く脱毛できるのも、人気の理由のひとつでしょう。

脱毛完了後の定期ケアがラク

家庭用脱毛器で永久脱毛はできないので、脱毛を完了したとしても定期的にケアをする必要はあります。とはいえ、最初の頃のように2週間に1回使用する必要はなく、使用して1年以上になると月1回くらいのお手入れで十分でしょう。

クリニックは、脱毛後半年に1回通院するとして、あらかじめ半年後の予約を取る必要があります。半年先の予定なんてわからないので、直前にキャンセルすることも。そして一度キャンセルすると予約が取りずらいので、徐々に通いずらくなってくる人が多いようです。

その点家庭用脱毛器なら、自宅で行えるのでいつでも手軽にケアできます。自分のペースでケアできるのも、嬉しいポイントですね。

美肌効果にも期待できる

家庭用脱毛器に使用されている光脱毛は、主にIPLというエステサロンの美顔にも採用されている光を使っています。そのため脱毛器によっては、美顔機能まで付いているものも多いのです。

ほんの一例ですが、ケノン、ラヴィ、レイボーテ、ローワンなど人気の高い機種は、美顔器としても使用することができます。フェイシャルエステとしてだけでなく、ボディトケアとしても使えるので、脱毛後のトリートメントに最適です。

脱毛だけでなく美顔にも興味があるなら、クリニックよりも断然家庭用脱毛器の方がおすすめです。

家庭用脱毛器なら光がおすすめ

家庭用脱毛器は大きく分けて、光脱毛とレーザー脱毛に分けられます。前者の代表的な脱毛器がケノンとすると、後者の代表はトリアという機種になります。

光とレーザーを比べると、レーザーの方が脱毛に適していそうですが、実際はどうなのか比較してみました。

痛みが少ない

レーザー脱毛器の代表であるトリアは、家庭用脱毛器の中でも脱毛効果が高いということで有名ですが、エネルギーが強い光を照射するため、痛みも強いという特徴があります。

それに対してケノンのような光脱毛の場合、レーザーよりも穏やかな光を照射するので、圧倒的に痛みが少なくて済みます。

痛みが強すぎて途中で脱毛を断念してしまうということがあれば、脱毛器を購入下意味がなくなってしまいます。

脱毛は継続していくことに意味があるので、痛みが少ないということはとても大切です。

照射範囲が広い

レーザー脱毛のデメリットとして、痛みの次にあがるのが照射範囲の狭さです。1度に照射できる範囲がわずか直径1㎝ほどなので、片ワキ脱毛だけでも100回は照射が必要になってしまいます。

対してケノンであれば、1度に最大9.25㎠の広範囲を照射することができるので、ワキであれば2~3回の照射で完了できてしまうのです。

全身脱毛するとなると、その差は歴然としてきます。自分でケアしないといけない家庭用脱毛器だからこそ、短時間でかんたんに脱毛できるものを選びましょう。

半永久的に使用できる

トリアはレーザーを使った脱毛器なので、カートリッジなどを交換する必要はありませんが、充電池は使用するごとに消耗されていきます。

公式サイトによると、最大で500回まで充電可能ということですが、充電できなくなれば電池を交換する必要があります。電池はネットで調査したところ、約2万円程度のようです。

光脱毛器はというと、機種によっては本体と照射ランプが一体になっているタイプもありますが、こういったタイプは一定の回数使い切ってしまうと廃棄するしかありません。

ただし人気のケノン、ラヴィ、レイボーテなどは、カートリッジ交換式になっています。

カートリッジにはそれぞれ照射可能回数が決まっています。消費後は新しいカートリッジに取り換えれば、また光が元のパワーに戻るので、半永久的に使い続けることができます。

追加カートリッジは、どのメーカーもだいたい数千円で販売されているので、やはりトリアに比べると割安感があります。

使いやすさ、痛みの少なさ、長い目で見たときのコスパなどを比較しても、光脱毛器の方がおすすめです。

肝心な家庭用脱毛器の効果

クリニックやサロンへ通うよりも、家庭用脱毛器の方が自由に、しかもスピーディに脱毛できることはわかりましたが、その脱毛効果はどこまで期待できるのでしょう?

口コミなどを調査して、開始後のムダ毛の変化を追ってみました。

開始1ヵ月後の変化

家庭用脱毛器を使う頻度はだいたい2週間に1回なので、1ヵ月で2回の照射を行ったということになります。正直1、2回の照射では、膝下など毛が目立つパーツはあまり変化が見られないかもしれません。

照射後2週間ぐらいすると、生えてきた毛がスルッと抜け出すと言われていますが、まだ元気なムダ毛もあるようです。心なしか毛が少し細くなってきたかな?という印象を持つ人もいるようです。

指の毛には1回当てただけなのに、もう目立たなくなってきたという口コミも見つかりました。パーツや毛の状態によっては、たった1ヵ月でも効果を実感できるかもしれません。

剛毛については、1か月目で効果を実感しにくいかもしれませんが、定期的に続けることが大切です。

開始半年後の変化

半年たつと、約12回のお手入れが完了したということになります。

光脱毛を開始して3か月頃から、シェーバーなどで自己処理する回数はぐんと減ってくるようですが、半年になると毛の質自体が変わってかなり細くなってくるようです。

毛量もかなり減ってくるので、開始前に比べると毛穴も目立たなくなり、ムダ毛が気にならなくなってきたという人が多く見られました。

体のパーツによっては、もうあまりムダ毛が生えてこなくなったという人も!

ここまできたら、剛毛の人でもチクチクした毛が見当たらなくなるのではないでしょうか。

開始1年後の変化

1年を過ぎると、ほとんど新しいムダ毛が生えてこないツルツルの状態になってくるようです。たまに細い毛が数本生えることはあるようですが、気になった時に脱毛器を使う程度で問題なさそうです。

とはいえ、ずっとムダ毛が復活しないというわけではないので、いつでも脱毛器は使えるように保管しておきましょう。

永久脱毛に劣らない!家庭用脱毛器で美肌を手に入れよう

永久脱毛=ムダ毛がすべてなくなる!というイメージを持っていた人も、今回の記事を読んで、ムダ毛ケアは時間をかけて行う必要があることがわかったのではないでしょうか。

クリニックに通ったとしても定期的なケアが必要なら、家で好きな時間にかんたんにケアできる家庭用脱毛器の方が使い勝手がいい!という人も多いでしょう。

家庭用脱毛器は永久脱毛に比べれば脱毛効果が劣るかもしれませんが、痛みが少ない、ずっと使えるなど、それを上回るメリットが多いことも人気の理由です。

「クリニックに通うほどのお金と時間の余裕はない、でもムダ毛をなくしたい!」という人や、「クリニックに行ったけど痛みに耐えられない」という人なら、家庭用脱毛器を購入するのもアリですよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*