【脱毛器の効果】使い方1つで実はサロンより効率的!上級テクを伝授

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脱毛器は効果なしって本当?自宅で手軽に使える脱毛器ですが、「効果ない」という声と「効果高い」という声に分かれるようです。その理由に迫ってみました。脱毛器で人気が高いケノンとトリアの脱毛メカニズムの違いや、脱毛器の効果的な使い方、脱毛効果が実感できるまでの期間などもお伝えします。家庭用脱毛器に興味を持っている人はもちろん、脱毛サロンと脱毛器で迷っている人にとっても役立つ内容です。脱毛器は「効果なし」なのか「効果あり」なのか、その目で確かめてみてください。

脱毛器は効果なしって本当!?

サロンに通わず、家庭用脱毛器を使って脱毛をする人が増えているようです。もし自宅で望みどおりの脱毛ができるのなら、お金・時間・かかる手間などサロンに通うよりもメリットが多いですよね。

実際のところ、家庭用脱毛器で効果を実感することはできるのでしょうか。この記事では、家庭用脱毛器のタイプやその特徴、効果的な使い方、全身脱毛完了までの期間をまとめました。

家庭用脱毛器の効果とは

ひと口に家庭用脱毛器といっても、さまざまなタイプに分かれます。タイプごとの効果やメリットの違いをチェックしてみましょう。

脱毛方式や商品によってバラつきあり!

家庭用脱毛器の脱毛方法は、全て同じだと思ってはいませんか?実は脱毛器のタイプによって、脱毛方法がことなります。詳しくは後ほど説明しますが、家庭用脱毛器のタイプは以下のとおり。

  • フラッシュ(光)を使った脱毛器
  • レーザー(光)を使った脱毛器
  • 毛を引き抜く脱毛器

大きくはこの3タイプに分けられます。ノーノーヘアなどの「サーミコン式」と呼ばれる脱毛器は、熱で毛を焼き切るタイプであるため正確には脱毛ではなく除毛となります。

タイプごとに脱毛法がことなることからも分かるとおり、脱毛器のタイプによって脱毛効果が違います。また同じ脱毛法であっても、製品によって効果の出かたにバラつきがあります。

正しく選べばサロン品質の脱毛ができる

業務用と家庭用。この単語だけを見れば、常務用のほうが効果が高そうだと感じるかもしれません。でも実は家庭用脱毛器でも正しく選んで効果的に使えば、サロン品質、いえそれ以上の脱毛効果を実感することができるのです。

その理由を知るためにも、まずはサロン脱毛と家庭用脱毛器のそれぞれのメリットを確認しておきましょう。

サロン脱毛のメリット

脱毛サロンに通うメリットは以下のとおりです。

  • サロンに行きさえすれば、脱毛処理をしてもらえる
  • 手の届きにくい部分も簡単に脱毛できる

最大のメリットは、サロンに行くことさえできれば施術者が脱毛をしてくれるということ。自分で処理するのは面倒という人にとっては、大きなメリットとなるでしょう。また、手が届きにくい部分のケアも心配ありません。

家庭用脱毛器のメリット

次に、家庭用脱毛器を使うメリットを見てみましょう。

  • 予約時期に左右されず、自分の毛周期(ヘアサイクル)に合わせたケアができる
  • 隙間時間にケアができる
  • 低予算で脱毛ができる

大きくはこの3つがメリットとなります。低価格であることも魅力的ですが、脱毛効果においては予約不要という点が最大のメリットとなります。サロンの口コミで意外と多いのが、自分が希望する日に予約が取れないというもの。

脱毛サロンでは、初回の施術のあと1カ月半~2カ月後に2度目の施術を受けることが多いのですが、サロンによっては3カ月後にしか予約が取れないということもあるようです。

毛周期と脱毛のタイミングがずれると、脱毛効果が低下します。その結果、脱毛完了までに時間がかかったり、その分料金がかかったりすることがあります。脱毛器を使えば、毛周期に合わせた効率のいい脱毛が可能です。

家庭用脱毛器の技術は進化している!

現在は家庭用脱毛器の技術が進化しており、製品によってはサロン級の効果が実感できると言われています。照射範囲も広く、短時間でムダ毛処理が完了。照射レベルも状態に合わせて10段階から選べるものもあります。

また、脱毛器でありながら美肌ケアにも活用できる製品も増えており、脱毛プラスアルファの効果も期待できます。

製品の性能をしっかり見極めて脱毛器選びを間違えなければ、おうち脱毛でもサロン品質の脱毛効果が実感できます。

Point!!

脱毛サロンでケアを完了すると、二度と毛が生えてこないという印象があるかもしれません。でもこれは間違いです。永久脱毛は医療機関のみで認められた技術であるため、家庭用脱毛器はもちろん、脱毛サロンでも行うことはできません。

ムダ毛にどこまで効果を発揮する?

先ほど、脱毛器にはいくつかのタイプがあるとお伝えしました。タイプごとの脱毛方法・脱毛のメカニズムや、その効果を見ていきましょう。

フラッシュ脱毛器

光脱毛器ともよばれる脱毛器で、その多くはIPL(インテンスパルスライト)という光を用いて脱毛をします。光を当てることで毛根のメラニンダメージをあたえることで脱毛を促します。

脱毛効果が期待できる上に安全性も高いため、多くの脱毛サロンでも採用されている脱毛法です。肌へのダメージや痛みも少ないのが特徴。家庭用脱毛器ではケノン、ラヴィ、レイボーテなどがフラッシュ脱毛器となります。

前述のとおり永久脱毛はできませんが、ある程度の回数ケアを重ねることで、その後処理をしなくてもムダ毛が気にならなくなるという声も多く聞かれます。処理の期間には個人差があり、半年~3年程度と言われています。

レーザー脱毛器

レーザー脱毛は、メラニン色素に反応するレーザーを使った脱毛法です。フラッシュ脱毛と比較すると威力が強く、毛根を破壊することで脱毛・抑毛を行います。クリニックで施術する場合は永久脱毛が可能です。

威力が強く、効果がでるまでの期間も約1年半程度と短めです。ただし一度に照射できる範囲が狭く処理に時間がかかることと、肌へのダメージや痛みが強いなどのデメリットがあります。

また、メラニン色素が少ない産毛には効果が弱いとも言われています。

家庭用脱毛器ではトリアがレーザー脱毛になりますが、安全のため威力が抑えられているので永久脱毛はできません

サーミコン脱毛器

サーミコン脱毛器は正確には脱毛ではなく除毛となります。熱線を毛にあてることで毛穴から出た毛を焼き切るので、カミソリによるムダ毛処理と同じメカニズムとなります。

ただしカミソリを使うよりも肌へのダメージが少なく、痛みや刺激もありません。毛先も丸くカットされるため処理後にチクチクすることもありません。

ただしムダ毛処理を行う場所によっては、熱が肌に触れて火傷をする可能性も。また、平らな部分の処理には適していますが、ワキやVIOなどの細かな処理が必要な部分では、処理漏れが起こりやすいというデメリットもあります。

家庭用除毛器としては、ノーノーヘアなどがサーミコン式脱毛器となります。あくまでも脱毛ではなく除毛なので、効果の持続期間が短くこまめなお手入れが必要となります。

その他の脱毛器

今紹介した3つの脱毛法以外の、家庭用脱毛器をチェックしてみましょう。パナソニックのソイエも人気が高い脱毛器ですが、こちらは物理的に毛を引き抜く脱毛法です。

ヘッドに何枚ものツメがついており、高速回転しながら毛をつまんで引き抜きます。毛抜きでの処理を、素早く行うための脱毛器となります。

ムダ毛が気になったタイミングですぐに処理できて、脱毛効果の即効性が高いことがメリットです。ただし、ムダ毛処理を重ねても徐々に毛が薄くなったり、生えなくなったりなどの効果はありません。

ある程度の期間が過ぎるとまたいつも通り毛が生えてくるので、一生ムダ毛処理を行わなければいけません。またムダ毛を高速で引き抜くため、痛みも感じやすい脱毛法となります。

光脱毛器がおすすめな理由

先ほど紹介した4種類の脱毛器の中で、もっともおすすめの家庭用脱毛器が光(フラッシュ)脱毛器です。光脱毛器をおすすめする、3つの理由を見ていきましょう。

一度に広い範囲の脱毛が可能

ムダ毛処理の回数を重ねることで、将来的にムダ毛を気にしない生活を送りたいと考えた場合、選ぶべき脱毛器はフラッシュ脱毛器、もしくはレーザー脱毛器となります。

ムダ毛の処理は誰もが面倒に感じるケアであり、できれば短時間で済ませたいですよね。フラッシュ脱毛器はレーザー脱毛器と比べると、一度に照射できる範囲が広いのが特徴です。

例えばフラッシュ脱毛器のケノンは、片ワキの処理時間が10秒で完了します。それに引き換えレーザー脱毛器のトリアでは、ワキの処理に10~20分程度かかるようです。

フラッシュ脱毛器を使用すれば一度に広範囲の脱毛ができるため、まとまった時間がとれなくても隙間時間で脱毛処理を行うことができます。

産毛~男性の髭までオールマイティ

フラッシュ脱毛とレーザー脱毛では使用している光の種類がことなります。フラッシュ脱毛で使用する光は、比較的波長の長い光線組み合わせているためさまざまな毛質に効果が期待できます。

反対にレーザー脱毛器メラニン色素に反応する光を使用しているため、色の薄い産毛にはあまり効果が期待できません。

男性の髭への使用に関しても、家庭用レーザー脱毛器を使用できますが、髭が濃い場合は高いレベルで照射しなければ効果が出ないようです。そのため強い痛みを感じたり、火傷をしたりする危険性があります。

フラッシュ脱毛器の中でも人気が高いケノンの場合、全体の約43%が男性の愛用者であり、大手通販サイトの男性の除毛・脱毛器ランキング1位を獲得した実績があります。髭への効果もお墨付きです。

痛みが少なくて済む

フラッシュ脱毛器で感じる痛みは、輪ゴムで弾いたような痛みと表現する声が多く聞かれます。また多くのフラッシュ脱毛器で照射べレルを調節することができるので、慣れるまでは痛みを感じない低レベルでの施術も可能です。

レーザー脱毛器もレベルを調節することはできますが、太ももなどのデリケートな部分の場合、天ぷら油がはねたような痛みと表現する人もいます。多くの口コミを比較すると、やはりレーザーのほうが痛みが強いようです。

痛みが強いということは、その分肌への負担も大きいということ。またムダ毛処理の度に痛みを感じるのは、大きなストレスになるものです。痛みや肌への負担を減らしたいのなら、フラッシュ脱毛器がおすすめです。

脱毛器の効果的な使い方

おうち脱毛でもしっかりと効果を出すために、脱毛器のより効果的な使い方を確認しておきましょう。

しっかり肌を冷やして高レベルで使う

脱毛器の使用にある程度慣れてきたら、高レベルで照射を行いましょう。

照射レベルが高ければ高いほど、脱毛効果もアップします。肌を冷やすことで光による痛みや熱さ、ダメージを感じにくくなり、効率よく脱毛をすることができます。

ムダ毛の前処理

光脱毛器の効果を高めたいなら、毛が1mm~2mm程度の長さで照射することが大切です。基本的にはシェービングと光脱毛を同じ日に行っても問題はありませんが、前処理はできれば前日に済ませておきましょう。

前日にシェービングをしておくことで、脱毛器を使用する当日にはムダ毛が1mm程度伸びていることと、カミソリを使うことでできた目に見えない傷を癒すことができます。

アフターケアを怠らない

光脱毛は肌に負担が少ないと言われていますが、それでも肌は乾燥しやすい状態になっています。脱毛器を使う前と同様に、熱でほてった肌をしっかり冷やしてから保湿ケアを行いましょう。

アフターケアを怠ることで肌荒れが生じると、次のムダ毛処理ができなくなります。また、乾燥した肌よりうるおった肌のほうがダメージは少ないので、日ごろからきちんと保湿ケアを行いましょう。

毛周期を理解することで効率UP♪

光脱毛が効果を発揮するのは、毛周期成長期の場合のみです。せっかく予約不要、いつでも好きなタイミングで自宅で脱毛ケアができるのですから、毛周期に合わせた脱毛を行いましょう。

毛周期とは、毛が生え変わるサイクルのことです。毛が生えて成長する時期の「成長期」、成長が終わり毛が抜けるまでの「退行期」、毛が抜けてから次に生えるまでの「休止期」の3つのサイクルとなります。

また、部位によって毛周期はことなります。脱毛したい部位の上位に挙がる、ワキ、ウデ・アシ、Vラインの毛周期を以下にまとめました。

  成長期 退行期・休止期
ワキ 3~5カ月 3~5カ月
ウデ・アシ 3~5カ月 3~5カ月
Vライン 12~24カ月 12~18カ月

同じ部位にあるすべての毛が同じタイミングならいいのですが、成長期、退行期、休止期は毛によって1本1本バラバラです。そのため家庭用脱毛器では、2週間に1度の使用が効果的だと言われています。

光脱毛器で全身脱毛完了までの道のり

実際に家庭用脱毛器を使った脱毛を行った場合、どのような流れで全身脱毛を完了することができるのでしょうか。こちらではケノンを例に、一般的な流れをまとめました。

使用から1~3カ月

脱毛器を用いて、2週間に1度の頻度でケアを行います。光をあてるとすぐに毛が抜けるわけではなく、ケア後約1週間程度でつまむだけでスルリと毛が抜け落ちます。

2週間に1度の頻度で使用できるので、3カ月間6回から7回の照射が可能となります。

指の毛、ワキ、ウデ、アシ、Vラインなど、パーツによって毛の太さや濃さがことなりますが、いずれも5回程度照射すると毛が細くなったり、生えにくくなったりしたことを実感できるようです。

使用から3カ月~半年

使用から半年目となると、スタート時からの照射回数は13回程度となります。

指やうなじ、腹部などの毛が細い部分は約7回程度で、背中は約10回程度の照射でムダ毛が気にならなくなるようです。また、ムダ毛が生えなくなることで、毛穴も小さく目立たなくなります。

照射回数を重ねることで、ワキやウデ・アシも毛がどんどん細くなるため、ムダ毛の状態に応じて徐々に照射回数を減らすことができます。

男性のヒゲに関しても照射回数が10回を超えるころから、ヒゲが伸びる速度が遅くなるようです。

使用から半年~1年

半年を過ぎるとワキ、ウデ、アシ、Vラインなどの比較的太くて濃い毛も、1~2週間剃らなくても気にならなくなるようです。お手入れの頻度が徐々に減っていき、多くの人が10カ月~1年程度スベスベの肌になれるとのこと。

ただし永久脱毛ではないので、長期間放置すると細い毛が生えてくる人もいるようです。ムダ毛の状態に応じて脱毛ケアを続けることで、日常的にムダ毛を気にせず洋服選びができるようになります。

効果の高い脱毛器でおうち脱毛を始めよう!

家庭用脱毛器でも、充分脱毛効果が実感できることがお分かりいただけたと思います。予約を取る必要もなく、毛周期に合わせたケアが自宅で簡単にできるので、サロンに通うよりも効果がありそうですね。

今回紹介した光脱毛器の効果については、愛用者からも効果ありと高評価を得ているケノンを参考にしました。隙間時間を活用して短期間でツルスベ肌を手に入れられるおうち脱毛を、あなたも始めてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*