脱毛器の価格には秘密がある?絶対失敗しない為のビギナーズ講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家庭用脱毛器の価格は、一万円以下のものから十万円以上するものまでさまざまです。脱毛器によって脱毛方式や期待できる脱毛効果が異なるので、価格だけ見て安いものに決めてしまうのは危険かもしれません。そこでこれから購入を考えている人のために、脱毛器の種類と価格の関係を詳しく調べてきました。家庭用機器に多いIPL光脱毛器の価格相場や、使い切りタイプとカートリッジ交換式のコスパの違いなど、購入前に知っておきたい情報もお届けします。脱毛器の中でダントツ人気のケノンの実力もチェックしておきましょう。

脱毛器の価格に隠された謎を解明!

ネットで家庭用脱毛器を検索すると、価格がピンからキリまであり情報も多すぎるので、迷ってしまう人が多いのでは?

脱毛初心者にはどれがホントに良いものなのか判断しずらいかもしれません。安い買い物ではないので、「絶対に失敗したくない!」という思いはみんな同じはずです。

そこで今回は、脱毛方式の違いや価格との関係や、家庭用として主流のIPL光脱毛器の比較、コスパの違いなど、詳しく調査してきました。

脱毛ビギナーでも、これさえ押さえておけば脱毛器選びに失敗せずに済みます。

脱毛器の種類と価格の関係

脱毛器の中でも、一万以下のものもあれば、十万以上するものまであるのはなぜなのでしょう?まずは、脱毛方式の違いと価格との関係を見てみましょう。

価格帯の違いは脱毛方式にあり

家庭用機器の場合、大きく分けてレーザー式・フラッシュ式(光脱毛)・超音波式に分けられます。

脱毛のメカニズムは、多少の違いはありますが、どれも毛が生まれる毛根部分に作用して、新しい毛を生えにくくしていくというものです。

ただ脱毛の作用はなく除毛器としての効果しかない、毛を引き抜くタイプのものや、毛を焼き切るサーミコン(熱線)式のものまで脱毛器として認識されていることが多いようです。

除毛器タイプの美容家電は、脱毛器に比べると安価なものが多いため、価格に差がでてしまっているのです。

激安価格の脱毛器に脱毛効果なし!

サーミコン式や毛を引き抜くタイプの脱毛器は、除毛はできてもムダ毛がまたすぐに生えてきてしまうので、脱毛効果があまり期待できないということがわかっています。

激安価格の脱毛器には、この除毛器タイプのものが多いので注意が必要です。

それに比べて家庭用脱毛器の主流となっている光脱毛器であれば、脱毛サロンのフラッシュ式脱毛と同じような脱毛効果が期待できるので、少し高めの価格でも満足いく結果が得られるのです。

安物買いの銭失いにならないよう、脱毛方式や機能をよく見比べて購入することが大切です。

安い光脱毛器の盲点

ネットで脱毛器を調べてみると、なかには一万円以下で購入できる安い光脱毛器も存在するようです。

ただ口コミをチェックしてみると、出力レベルがうまく調整できなかったり、不良品が送られてきたりと、悪い書き込みも多いようです。数回照射したのに、全く効果があらわれないと不安になっている人もいました。

こういった安い機器は海外製のものが多く、人気の光脱毛器よりも性能がかなり劣るようです。安全性も高いとは言えないので、肌にダメージを与える可能性がゼロではありません。

安いというだけで飛びつくのではなく、実際に使った人の感想や性能をしっかり見極めて選んだほうが良さそうです。

Point!!

家庭用脱毛器に多いフラッシュ(光)脱毛は、機器や脱毛サロンによって呼び方が色々あって違いがわかりずらいですよね。

光脱毛にはIPL脱毛、SSC脱毛、SHR脱毛などの種類があるのですが、光や光を当てる場所、ジェルの種類が違うだけで、光を照射することで脱毛を促すという点はどれも同じです。

フラッシュ脱毛とは、これらの光脱毛の方式を合わせた総称です。フラッシュ式の家庭用脱毛器では、IPLという光を用いた脱毛方式が主流です。

IPL光脱毛器の価格相場とコスト

ここで、家庭用脱毛器の中で多いIPL光脱毛器の価格相場やコストを比較してみましょう。

人気商品は5万弱~10万くらい

例えば人気No.1のケノンであれば、69,800円で販売されています。通販大手のヤーマンが開発したレイボーテグランデは、ちょっと高めの十万円台で販売されています。

中には3万円前後で発売されているパナソニックや、ブラウンなど大手メーカーのものもありますが、平均すると価格相場はだいたい5万円弱~10万円台のあいだに収まります。

コスパの判断基準

脱毛器は種類によって使い捨てタイプのものや、追加でジェルなどが必要なものもあるので、単純に本体価格や照射回数だけでコスパを知ることはできません。

本体価格が安い脱毛器の場合、照射回数が少ないものが多く、使い捨てタイプで一定の回数使うと廃棄するしかないものもあるようです。

この他にもジェルやカートリッジを含む消耗品の追加購入が必要か、また照射可能回数×1ショットの照射面積で、実際どのくらい使えるのかなど、トータルでどのくらいの費用になるのかを比較してみる必要があります。

照射面積や照射回数、カートリッジが交換式かなど、さまざまな方向から比較して、賢い買い物をしたいですね。

お得はどっち?使い切りvsカートリッジ型

コスパを考えるうえで、光を照射する部分が使い切りか交換式かも重要なポイントになります。どちらのほうがお得なのか、比較してみましょう。

使い切りタイプ

使い切りタイプの脱毛器は、光を照射するランプの部分が本体と一体になっていて、交換できないものです。

本体価格が安く設定されているので気軽に試しやすいのですが、購入して照射できる回数が最初から決まっているので、使い切ったら捨てるしかできません。

手に入れやすいところはメリットですが、長いスパンで使い続けることができないのがデメリットです。

カートリッジ型

使い切りタイプに対してカートリッジ型の脱毛器は、照射ランプの部分が交換式になっているものです。

本体価格は高めのものが多く、カートリッジを追加購入すれば数千円の出費も必要になりますが、カートリッジを交換すれば元の強い光に戻るので、本体が故障しない限り半永久的に使い続けることができます。

またカートリッジを体のパーツによって使い分けることもできるので、顔やVIOなど色々なパーツに使うことができます。

本体価格は高めですが、カートリッジを交換できることで家族や友人とシェアして使うこともできるので、使い切りタイプよりもかえってコストが安くなる場合もあります。

使い切りタイプで脱毛していて照射回数が足りなくなってしまうと、結局新たな脱毛器を購入しないといけなくなってしまうので、カートリッジタイプの方が最終的にお得ということになります。

Point!!

同じ光脱毛器なのに価格が数万円も違うのは、品質や機能が違うからです。

高いものは、肌にカートリッジ部分を当てるだけで自動で照射できるオートモード機能がついているものや、カートリッジ部分を交換すれば美顔器としても使用できるものが多いようです。日本製で安心して使えるものが多いのも特徴です。

価格の差があっても機能が優れていれば、人気が高いのも当然ですね。

口コミで人気のケノンは実は安い!?

家庭用脱毛器の中で人気の高いケノンですが、69,800円という値段を見て購入をためらってしまう人も多いかもしれません。

それでも通販サイトでNo.1の人気を誇るのは、よく調べてみると結果的にコスパがとても高いことがわかるからです。

付属のカートリッジだけでも長期使用OK

ケノンは15年間さまざまな脱毛器を販売してきた実績のある会社が、改良を重ねてできた光脱毛器です。

ここ数年でその性能はさらに進化していて、現在販売されているケノンに標準装備されているプレミアムカートリッジ(照射面積7.0㎠)であれば、最大100万回もの照射ができるようになっています。

ケノンの販売セットには、このプレミアムカートリッジのほかに、レビューを書けばもらえるストロングカートリッジや、照射面積が最大のエクストラカートリッジなどもついてきます。

その時々でセット内容が変わるけれど、例えばこのセットで購入したとすると、レベル1で脱毛した場合、次のような計算になります。

プレミアム100万回+EXラージ20万回+ストロング85.714回=1.285.714回照射!

標準装備のカートリッジだけでも充分ですが、これならパーツに合わせてカートリッジを使い分けても、家族や友人とシェアしても問題ないくらい使い続けることができます。

使い切りタイプの脱毛器の中で、有名なブラウンエキスパートとパナソニック 光美容器と照射回数を比較してみると、コスパの良さがさらにわかりやすいかもしれません。

  • ブラウンエキスパート:25万~30万回(照射面積3.0㎠)
  • パナソニック光美容器:約15万回(照射面積5.4㎠)

照射回数が限られるだけでなく、照射面積もケノンに比べると狭めなので、全身脱毛するにはかなりのショット数が必要ということに……。

比べれば比べるほど、ケノンが優秀だということがわかってきます。

レベルMAXで全身脱毛しても12年以上使える

ケノンの脱毛器は出力レベルを1~10まで調整することができるのですが、仮にレベルMAXの10で全身脱毛した場合、どのくらい使用することができるのか調べてみました。

30代女性の平均的な体型の全身脱毛に必要な照射面積を7,000㎠とすると、標準装備のプレミアムカートリッジを使って、レベル10で全身脱毛した場合、次のような結果になりました。

全身脱毛1回に必要な照射面積7000㎠÷プレミアムカートリッジの照射面積7㎠=1,000発

レベル10の照射回数30万回÷全身脱毛に必要なショット数1000発=約300回

ケノンを1人で月に2回使用すると仮定しても、12年6カ月使えるという計算に!

ケノンでツルツルの肌状態になるまでにかかる照射回数は、平均して12回~18回といわれているので、レベルMAXでも有り余る回数使用できるということです。

これなら、数年後もしものことがあっても安心ですね。

脱毛器は価格に見合う効果があるかで決める!

脱毛器は格安のものから家電としては高めのものまでありますが、照射回数や機能など総合的に見比べてみると、本当にコスパの高い商品が見えてきます。ケノンのように一見高めの価格で販売されている脱毛器でも、使い方や長いスパンで考えてみると、実は安い脱毛器よりもお得ということがわかりました。

価格に惑わされずに、中身をしっかり見極めて購入することが大切です。この記事を参考に、本当に脱毛効果を発揮してくれる脱毛器を見つけてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*