脱毛器で背中のムダ毛を撃退!自分で脱毛するときのコツと注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分ではなかなか気づかない背中のうぶ毛ですが、家庭用脱毛器でそんなムダ毛もキレイに脱毛できるのでしょうか?背中は手が届きにくいパーツなので、セルフで脱毛する場合ちょっとしたコツが必要です。そこで今回は、背中を脱毛する手順から、照射ムラなく脱毛するコツ、脱毛後の注意点などをとことん調べてきました。数ある家庭用脱毛器の中で、背中の脱毛に最適な機種はどれ?人気No.1脱毛器のケノンをはじめ、背中脱毛におすすめのメーカーもピックアップしました。これでサロンに通わなくても、ツルスベの背中が手に入ります!

脱毛器で背中のムダ毛を処理したい!

背中のあいた服や水着を着る時期になると気になる背中のムダ毛ですが、クリニックやサロンに通わなくても、家庭用脱毛器でつるんとキレイな背中になれたら最高ですよね。

でも体の中でもなかなか手が届きにくい部分なので、自力で処理することが難しいのも確かです。そんな読者のために、背中のムダ毛をセルフケアする方法やコツを徹底的に調べてきました!

照射漏れを防いで脱毛ムラをなくすために準備しておきたいものや、脱毛後のアフターケアの方法も伝授。背中脱毛に最適な脱毛器までチェックします。薄着が多くなる季節の前に必見ですよ!

背中のムダ毛問題…脱毛器でなんとかなる?

家庭用脱毛器を使って、背中のムダ毛をセルフケアすることは可能なのでしょうか?自分で処理できるパーツなのか、ここでまず確認しておきましょう。

家族にお手伝いを頼むのがベター

背中は自分の目が届かないパーツですし、手も届きにくい場所なので、キレイに脱毛したいなら、やはり基本的には人にやってもらうのがベターです。

家庭用脱毛器の主流は黒い色に反応するフラッシュ式脱毛器なので、背中にホクロなどがあれば避けて照射する必要もあります。

安全に確実に脱毛するためにも、できれば家族や友人にお願いしたほうがよいでしょう。

一人でできるかの判断基準

背中は誰かにやってもらうのが一番!というのは分かっているけど、恥ずかしいから自分でやりたいという人や、頼める人がいないという人も多いのではないでしょうか?

仕方なく自分でケアするという場合も、肌トラブルを起こさないために、脱毛器は安全に使いたいですね。

そこで、一人でも背中のムダ毛ケアができるかのチェックポイントとして、電源を入れていない状態で背中に当てられるか試してみることをおすすめします。

この段階で手が届かない人は、やはり照射することは不可能なので、家族や友人でお願いできる人を探してみましょう。

背中のセルフ脱毛のやり方

ここからは、実際に背中をセルフ脱毛する手順を、準備段階から紹介していきましょう。

事前準備:うぶ毛も短くしておく必要あり

体のどのパーツを処理する場合も同じですが、家庭用脱毛器を使う前には、効果的に光を照射するためにも、ムダ毛を剃っておく必要があります。

体からムダ毛が1~2㎜くらい生えている状態が理想的と言われているので、一般的に照射する前日に毛を剃っておけばちょうど良い状態になるようです。

ただ背中のうぶ毛の場合、もともと1~2㎜しか長さがないという人もいるかもしれません。そんな場合は特に処理はせずに、脱毛してもOKでしょう。

うぶ毛だとしても若干長めという場合は、やはりシェーバーなどで事前に沿っておくことが大切です。

長い状態で照射してしまうと、痛みを感じやすくなりますし、火傷などの原因になる可能性もあるので注意しましょう。

痛み対策:広めの範囲を冷却

脱毛器で照射する前には、痛みを抑えるために保冷剤を使って照射範囲をしっかり冷却することが大切です。

腕や脚など目に見える部分は、保冷剤を当てて冷やす→照射を繰り返しやすいのですが、背中のように目の届かないパーツは冷却するのも照射するのもひと苦労です。

冷却していない部分に照射してしまうことがないよう、広い範囲を冷やしておくことが大切です。

アイス枕など大き目のものを使って、あらかじめ広範囲を冷やしておけば間違いないでしょう。

合わせ鏡で確認しながら照射

背中などの目で確認できないパーツに関しては、合わせ鏡を用意して、その都度照射部分を確認しながら照射するようにしましょう。

手が届きにくいパーツなので、他のパーツのようにきっちり当てたい場所に照射できないこともあるかもしれませんが、鏡でチェックすればある程度正確に照射していくことができます。

何度も同じ場所に光を当ててしまうと、肌トラブルになる可能性もあるので、照射した箇所を確認しながら、重複しないようにすることも大切です。

出力レベルも様子を見ながら上げていけば、さらに脱毛効果が高まりますよ!

自分で背中の脱毛をするコツ

背中を自分で脱毛する手順が分かったところで、ここでは失敗せずに脱毛するコツもチェックしておきましょう。

事前に肩周りをほぐす

最初に確認した通り、背中を脱毛する以前に、脱毛器の照射口を背中に当てることができなければ、自力で処理することは不可能です。

でもすぐに諦める必要はありません。もともと体が硬い人や、肩周りが固くなっている人は、ストレッチをして体をほぐしてみましょう。

両手を後ろに回して腰あたりで手を組み、両腕を後ろへ伸ばしたり、肩甲骨を意識して肩を回したりなど、ちょっとした空き時間にできるストレッチを取り入れて、柔軟性を高めることが大切です。

一度で体の硬さが改善するわけではないので、毎日コツコツ続けて手が背中に届きやすい状態にしていきましょう。

照射漏れがないかスマホで確認

背中のムダ毛ケアをする時には合わせ鏡が必須ですが、照射することに集中していて全体が見えていないこともあるかもしれません。

そこでおすすめしたいのが、セルフケアしているところをスマホで録画することです。ある程度処理したら、映像でもチェックして照射漏れしている箇所がないか確認してみましょう。

セルフ脱毛しずらい背中でも、鏡とスマホでWチェックすれば安心ですね。

Point!!

セルフで背中脱毛すると、いったいどのくらいの期間で効果を実感できるのでしょう?家庭用脱毛器の使用頻度は、どのメーカーもだいたい2週間に1回の使用が推奨されています。このペースで脱毛した場合、3か月で6回の照射が完了するということに。

口コミなどを確認してみても、3か月ほど脱毛器を使用しているとムダ毛を処理する回数がかなり減ってくるようです。半年くらい使い続けると、毛も細くなり新しく生えてくる毛もかなり減ってきます。このペースで1年使い続ければ、ツルスベ肌になれそうですね。

背中脱毛をした後の注意点

背中を脱毛した後も、肌トラブルを起こさないために、他のパーツと同じくアフターケアが重要です。ここでは、脱毛後の注意点をまとめてみました。

しっかりとクールダウン&保湿

脱毛した後の肌は、照射した光の影響で熱がこもりやすく、乾燥しやすい状態です。脱毛器を使った後は、保冷剤を使ってしっかり冷やした後、化粧水やクリームを塗っていつも以上に保湿することが大切です。

特に背中は角質が厚くて乾燥しがちな場所なので、丁寧な保湿を心がけましょう。

当日は入浴を控える

背中に限らず言えることですが、脱毛器の効果を高めるためにも、照射前にはクリームや日焼け止めなどをお風呂で洗い流し、キレイな素肌の状態にしておくことが大切です。

逆に脱毛器を使った後は、肌に熱がこもりやすく敏感になっている状態なので、脱毛した当日の入浴は控えることをおすすめします。

この他にも、翌日以降も背中を強く洗わない、締め付ける下着をつけないなど、肌に刺激を与えない工夫も必要です。

日焼けしない

これも背中に限ったことではなく、全身の脱毛に言えることですが、脱毛器の光を当てた後の肌は、通常よりもバリア機能が弱っている状態です。

こんな状態で日光を浴びてしまうと、炎症を起こすなど肌トラブルを起こす可能性も高いので、絶対に日焼けだけは避けるようにしてください。

どうしても外出する必要がある場合も、薄着は避けて、日傘などで肌をカバーするよう心がけましょう。

そんなリスクを負わないためにも、背中の出る洋服や水着を着用して日焼けする可能性のある場合は、前日などギリギリに脱毛しないよう注意が必要です。

Point!!

家庭用脱毛器の中には、脱毛器としてだけでなく美顔器としても使える機種があります。どの機種も顔に限らず全身のトリートメントに使うことができるので、もちろん背中にもOKです。

美顔器として使う場合も、波長などが違っても基本的には脱毛器と同じ光が照射されるので、脱毛器と同様アフターケアが大切です。当日の入浴や翌日の日焼けなどは、脱毛器の時と同じくNG行為になるので注意しましょう。

背中の脱毛に最適な脱毛器の選び方

背中のムダ毛ケアを失敗しないために、方法やコツをおさえることも大切ですが、そのパーツに合う脱毛器を選ぶことも重要なポイントです。

これから脱毛器を購入予定の人は、次のポイントをチェックしておきましょう。

照射面積の大きい脱毛器が便利

背中は他のパーツに比べると、広範囲の照射が必要な部位です。そのため、照射面積が狭い脱毛器はあまりおすすめできません。

背中脱毛をスピーディに行うためにも、照射面積ができるだけ大きい脱毛器を選ぶようにしましょう。

家庭用脱毛器の中で人気No.1のケノンは、標準でついてくるプレミアムカートリッジでも照射面積が7.0平方cmと大き目です。

特典で付くこともあるエクストララージカートリッジであれば、9.25平方cmと家庭用脱毛器の中でもトップクラスなので、ストレスなく脱毛することができるのでおすすめです。

オートモード搭載がラク

背中を脱毛する場合、ほとんどの人が照射口をしっかり肌に密着させるだけで精一杯なのではないでしょうか?

この状態で照射する時に、毎回照射ボタンを押さないといけない脱毛器だと、体もかなりキツイですよね……。

そこでおすすめなのが、ボタンを押さなくても照射口を肌に当てるだけで自動で照射してくれる、オートモード搭載の脱毛器です。

この機能が付いている脱毛器としては、ケノンラヴィツーピーエスなどが挙げられます。

毎回ボタンを押す必要がなく、自動で照射されていくので、手が届くのがやっとの背中でもしっかり脱毛することができます。

特にケノンであれば、本体とハンド部分が分かれていて、ハンド部分だけなら120gとかなり軽量なので、背中のような手の届きにくいパーツも楽々脱毛できます。

背中脱毛にぴったりな機能がついた、使い勝手のよい脱毛器を選ぶと楽ちんですね!

脱毛器で自慢できるツルスベ背中♪

背中の脱毛方法や上手に脱毛するコツ、アフターケアについて、詳しく見てきましたが、「これなら私でも脱毛器で背中のムダ毛ケアができるかも!」と思えたのではないでしょうか?

背中は普段自分で見ることがない分、想像以上にムダ毛が多いパーツなので、薄着になる前にぜひケアしておきたいですね。女子だけでなく、男性でも体のムダ毛が多くて見苦しい!と感じていた人は、これを機に自分で処理してみてはいかがでしょう?

脱毛器を上手に活用して、人に見せたくなるようなツルスベ背中を手に入れてください!

⇒【最新】人気脱毛器ランキングはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*